タグ:修理 ( 4 ) タグの人気記事

こねこ椅子

e0072513_10330416.jpg
アートファニチャーギャラリーの作品で一番長くご好評いただいている人気者「こねこ椅子」です。
5ヶ月のマゴもお気に入りの様子です。


先日、まだ焼き印や通し番号を入れる前、おそらく20年以上前に作った最初期のこねこ椅子が修理のために戻ってきました。
e0072513_10345039.jpg
埼玉県の保育園で使っていただいているものです。
e0072513_10383752.jpg
こねこ椅子の修理は期限を設けず無償で承っています。(往復の送料はご負担お願いしています。)
同じ保育園で3年程前にご購入いただいた2脚とともに肘掛けを追加しました。
e0072513_10412478.jpg
最初期のこねこ椅子は家具を作った端材を使ってその都度いろんなサイズ、形で作っていたので肘掛けの追加も少々工夫が必要でした。足の修理もしました。
e0072513_10432033.jpg
1本だけ新しい足と交換しています。
e0072513_10440700.jpg
こねこ椅子につきましてはこちらのリンク先をご参照ください。


オマケ画像(爺バカですみません。)
e0072513_10455140.jpg
e0072513_10454545.jpg

by kotmk | 2019-05-18 10:49 | こねこ椅子・子供椅子 | Comments(0)

大ネコ椅子、大スツールの修理

毎年子供用のスツールのご注文をいただいている大磯の「私塾まきば」さんから修理のご依頼をいただきました。
e0072513_19373540.jpg
e0072513_19374679.jpg
スツールはNo.1340とNo.1343。
記録によると2015年の6月に作った6脚のうちの2脚でした。
製作当時の投稿
一方大ネコ椅子の方は焼き印や通し番号を入れる前の作品で、詳細はわかりませんが2001年以前の作品と思います。

「私塾まきば」さんでは「ケーキ」とか「消防車」など、入園したお子さんのマークを決めて卒園までひとつの椅子を大切に使うそうです。
e0072513_19461466.jpg
e0072513_19460726.jpg
それで、卒園する時に愛着心が芽生えて買い取っていただく事が多く、その補充をするために毎年新しいご注文をいただいているのです。

3脚ともきれいに治って戻っていきました。
e0072513_19511458.jpg


by kotmk | 2019-02-20 19:55 | こねこ椅子・子供椅子 | Comments(0)

丸ローテーブル修理

先日修理のためにお預かりした丸ローテーブルを修理しました。
20年程前に作って東京都のO様にずっと使っていただいていましたが、天板の乾燥が進んで板の接着面がはがれていました。
e0072513_22391825.jpg
e0072513_22394169.jpg
場所によっては1mm以上隙間ができていました。
e0072513_22401677.jpg
こうなると一度バラバラにして接着しなおさなければなりません。
e0072513_22414362.jpg
接着する面を平にして接着しなおします。
e0072513_22434327.jpg
隙間なくピッタリ接着できました。
e0072513_22460777.jpg
e0072513_22464578.jpg
このテーブルを作った時期はまだ焼き印も通し番号も入れていなかったので、今後の作品管理のために通し番号を付けました。
e0072513_22482928.jpg
長い間ご愛用いただいてとてもうれしく思います。
e0072513_22494177.jpg

by kotmk | 2018-11-09 22:54 | テーブル・机 | Comments(0)

椅子とテーブルの修理

中目黒でアートファニチャーギャラリーを始めたのが1991年。
その少し後、おそらく92~3年に作ったと思われる椅子とテーブルが修理のために戻ってきました。
e0072513_1635533.jpg

20年ほど使っていただいてホゾが緩み揺れが生じていたので一度分解してホゾを入れなおしました。
e0072513_16372939.jpg

座板を細い板に分けてそれぞれをホゾでマク板に留めるという、画期的というか変わったつくりでした。
e0072513_16371749.jpg

表面の仕上げもゴツゴツ、ザクザクしていて今の作り方とは違っていますが、やはり一目瞭然でアートファニチャーギャラリーの作品とわかります。


テーブルの足も今とは形も仕上げも違っていますが、やはりアートファニチャーギャラリーらしいと言えます。
e0072513_16515459.jpg

e0072513_16412668.jpg


e0072513_16424470.jpg

やはり長年にわたる使用で天板のはぎ合わせ目に隙間ができてしまいました。
e0072513_1643215.jpg


隙間の空いた部分に溝を掘って埋めることにしました。
e0072513_16444120.jpg

丸ノコを使って幅2mmの溝を掘ります。
e0072513_16455541.jpg

そこにウォルナットの細い棒を埋め込みます。
e0072513_1646334.jpg

e0072513_16472259.jpg

飛び出している部分を鉋で削って平らにします。
e0072513_16481223.jpg

e0072513_1648276.jpg


家具は自動車やパソコン、家電製品などに比べると寿命の長いものです。
長年愛用してくださっているお客様に感謝する気持ちで修理しています。
by kotmk | 2013-01-14 16:58 | 工房 | Comments(0)