タグ:うんてい ( 1 ) タグの人気記事

ブレキエーション・うんていの安全な使い方につきまして

【重要】
うんていをはじめとする遊具の安全性についての記事が2019年5月15日の朝日新聞に掲載されました。

遊具は親御さんや教育・保育関係者、私たち作り手など大人全員が子供の健やかな発育を願って製作・設置しているものであり子供の発育にとって必要なものと思いますがその反面、危険性が伴うものでもあります。アートファニチャーギャラリーでは遊具の安全性や強度につきましては細心の注意をはらって製作にあたっております。

うんていを実際に使用される場におかれましては、日々成長するお子様の様子、遊び方の変化などを注意深く観察して、お子様が安全に、元気よく遊べるよう十分ご配慮いただきますようお願い申し上げます。

【設置場所】
近くにガラス製品やストーブなど壊れやすいものや危険な物がないか、再度ご確認お願いします。
また、うんていを足がかりにして普段は手の届かない照明器具やエアコン、腰窓など高所に届いてしまうこともありますので、日々成長するお子さんの遊び方を注意深く観察してお子様が安全に、元気よく遊べるよう十分にご配慮いただきますようお願いいたします。

【服装など】
うんていなど遊具で遊ぶ時はパーカーのようにフードや紐のついた服、帽子やヘルメットなどあごひものある着用物、肩掛け鞄やランドセルなどを身につけないでください。紐やベルトが引っかかると大変危険です。

【遊び方】
うんていは必ずハシゴの丸棒にぶら下がるようにしてお使いください。側板にぶら下がったり、ハシゴの上に乗るような使い方をされますと、転落や転倒などの事故につながることがあります。
ハシゴには登らず、必ず丸棒にぶら下がるようにしてお使いください。

学校や公園の遊具につきましては、丸棒の間隔を児童の頭が挟まらないように230mm以上の隙間を設けるか、幼児の身体が通過しないように100mm以下とする基準がございます。
小さいお子様が使われる場合はご使用の期間、年齢・月齢に応じてご相談に対応させていただきますが、長い期間使われるご予定の場合、メインのハシゴ上部に横木を渡してすき間が100mm以下となるように加工することが可能です。もしご希望されるようでしたらお子様の体格、使用期間のイメージと合わせてご相談ください。

【遊具の管理】
無垢の木材を使って製作しておりますので、温度湿度の変化で木材が伸縮することがございます。
乾燥が進みますと組み立て用のネジが緩む場合がありますので、付属の六角レンチ2本をつかって、時々緩みがないかご確認の上、必要に応じて増締めをしてください。
また、ベランダなどの直射日光や雨に当たる環境に置きますと木材の劣化や接着部分がはがれる可能性があります。
必ず室内で御使用・保管してください。

【譲渡などされた場合】
新しい使い手の方に譲渡などをされた場合は、このページのリンクをお知らせするなどして必ず使用上のご注意点をお伝えください。

お子様が安全に、楽しく、元気よく使ってくれることを心から願っています。

アートファニチャーギャラリー 三木黄太

by kotmk | 2019-05-22 09:09 | うんてい・ブレキエーション | Comments(0)