16引き出しのサイドボード

雑誌「LEE」に紹介された16引き出しのサイドボードに御注文をいただき、再制作中。
部材の下加工が済んだところです。
e0072513_1352568.jpg


各パーツは厚み、幅、長さの順に切りそろえてからホゾとホゾ穴を作ります。
e0072513_1364866.jpg


ハメ板をはめ込むための溝を切り込んだり、引き出しの部材にアリ加工をしたり。
e0072513_1382136.jpg

寸法が重要な部分の加工は削り込みをする前にすべて終わらせておきます。

完成までにはまだ少し時間がかかります。
# by kotmk | 2006-01-30 13:09 | 工房 | Comments(0)

幼稚園の棚2

e0072513_117502.jpg

幼稚園の棚4台を納品してきました。
納品にうかがったとき、ちょうどかたむきかけた日が射し込んできてとてもきれいでした。

e0072513_1184484.jpg

奥行き240mmの棚を2台前後に並べて「押し入れ」に収納します。

e0072513_1114218.jpg

ぴたりと納まりました。
W950×H820×D240 45,600円

ここの幼稚園は毎年少しずつ家具や小物のご注文をいただいていて、三木の家具が増殖中です。
家具として使いやすいように、また家具としての用途を越えて子供たちが遊びの中で使って行きやすいようにと、園長先生からはさまざまなアイデアが出されてきますので家具作りの刺激にもなります。

棚にのせる箱は別途制作中。
ちょっと作戦があるのですが・・・それはいずれ出来上がってから報告したいと思います。
# by kotmk | 2006-01-28 11:20 | AVラック・棚類 | Comments(0)

幼稚園の棚

以前から私の家具を使っていただいている幼稚園から今回は棚4台の御注文。
e0072513_1521134.jpg


「押入のようなスペースにちょうど入るもの」
e0072513_15215526.jpg
という発想からはじまって、「時々外に出して子供たちが遊びに使えるように」「家ごっこに使うときは間仕切りになる」「普段は押し入れスペースに前後に並べて収納する」「4種類の箱を4個ずつ作って棚に置く」などなど様々なアイデアが出てきてこのようなかたちになりました。
e0072513_15214046.jpg


棚に置く箱は現在製作中。
# by kotmk | 2006-01-23 15:30 | 工房 | Comments(0)

ファクス台

e0072513_1656054.jpg

W600×H900×D350

e0072513_16561148.jpg

小物入れ用の引き出し3ハイと扉。
扉内部には可動棚板を2枚つけました。

e0072513_16562242.jpg

148,800円(税込・送料別)
# by kotmk | 2006-01-12 16:59 | チェスト・キャビネット類 | Comments(0)

食器収納用戸棚

e0072513_16474855.jpg


W900×H850×D430
e0072513_16483029.jpg


内部には重い食器類も収納できるように21mm厚の可動棚板を3枚入れました。
e0072513_1650136.jpg


165,600円(税込・送料別)
# by kotmk | 2006-01-12 16:51 | チェスト・キャビネット類 | Comments(0)

金具

暮から制作しているキャビネットに扉用の丁番をつけました。
e0072513_19581329.jpg


e0072513_19583067.jpg

アップの写真はスライド丁番といって扉を取り付ける際に前後左右上下回転ひねり・・なんでも調整することができる便利なもの。

スガツネなど国産品でも十分ですがドイツびいきのアートファニチャーギャラリーはHettichの物を使っています。

e0072513_19584557.jpg

こちらは昔ながらの真鍮合わせ丁番といわれているもので、雰囲気は良いが取り付けにすごく手間がかかります。
丁番の厚み分の掘り込みを扉側と本体側の両方に作って埋め込まなければなりません。

しかも取り付け後の微調整がとても難しいです。
さらに取り付けに使うのは真鍮のネジで、これが油断するとすぐにネジの頭をなめてしまいます(プラス型の溝を潰してしまう)。

そして0.1mm単位で下穴(あらかじめ開けておくネジ穴)の大きさを調整しないと容易にねじ切ってしまいます。

電動ドライバーなどはもってのほか、手回しドライバーで慎重に締め込んで行きます。

家具作りで一番緊張するのは実はこんな金具の取り付け作業なのです・・・。
地味・・・。
# by kotmk | 2006-01-09 20:09 | 工房 | Comments(0)