花見 45mm厚板

31日は仕事を早めに切り上げて溜池山王のアークエグゼクティブタワーへ。
私の家具を使っていただいているアメリカ人弁護士の事務所があって、お花見のパーティーに呼んでいただいた。
事務所のベランダからは桜の名所「桜坂」一望することができる。

e0072513_7114918.jpg


さて、工房では次の仕事1800×850のダイニングテーブルの天板用45mm厚板を一皮むいてシーズニング。

e0072513_7284668.jpg


アーム付きラダーバックチェアは地道な作業が淡々と続く。
e0072513_7273484.jpg

# by kotmk | 2006-04-02 07:27 | 工房 | Comments(0)

アーム付きラダーバックチェアとキッチン?

工房では次の作品、アーム付きラダーバックチェアの加工が粛々と進む。
e0072513_7111590.jpg


そんな中、趣味で木工をやりたいというDさんが、ままごと用のキッチンを作るためにレンタル工房を利用して何回か来ています。
e0072513_7134085.jpg

Dさんは元気ハツラツな女性で、電動工具類もかなり持っていらっしゃいます。
重い糸のこ盤を持参してきたりもします。

この日は大体の加工ができてきて、仮組みをしてみました。
自分で作っていたものが形になってくるのは長年木工やっていていても、いつもうれしいものです。
電動工具は使いこなすとプロ並みの作品を作ることができるけど、一歩間違えると怪我をすることもあります。
これからも安全第一で木工を楽しんでもらいたいと思います。
# by kotmk | 2006-03-30 07:20 | レンタル工房 | Comments(0)

棚板 テーブル ラダーバックチェア

塗装作業中。

e0072513_623557.jpg

壁付けの棚板。

e0072513_6241259.jpg

1350×750×H700のテーブル。
対面に引き出し×2。
塗装作業のためさかさまに置いてあります。

e0072513_6253673.jpg

ラダーバックチェア。

すでに次の作品の材料荒取りが始まっています。
# by kotmk | 2006-03-28 06:27 | 工房 | Comments(0)

座面の掘り込み

ラダーバックチェアの座面掘り込み作業です。

まずルーターを使って一番深く掘り込む部分の深さを決めます。
e0072513_6305240.jpg


次にマルチカッターという刃物をディスクグラインダーに取り付けて掘り込まない部分と一番深い部分をなだらかにつながるように削りこんでいきます。
e0072513_6323928.jpg

この段階である程度丁寧に仕上げておくと後の工程が楽になります。

ディスクグラインダーの先を80番のサンディングディスクに付け替えて刃物でできた凹凸を削って整えます。
途中水拭きをして繊維をけばだたせながら80番→150番→240番のサンディングペーパーで仕上げていきます。
e0072513_6332387.jpg


機械は使っていますがほとんどフリーハンド。
センスが出る作業です。
# by kotmk | 2006-03-23 06:39 | 工房 | Comments(0)

ラダーバックチェア アームチェア テーブル

アーム付のラダーバックチェアは仮組みをしてパーツのサイズ、取り付け位置を確認。
e0072513_2143419.jpg


テーブルと一緒に納めるラダーバックチェア2脚はサンディングを終えて組立工程へ。
e0072513_21441828.jpg


そのテーブルの足はシェイプとベルトサンダーがけ、水拭きをしてサンディング→組み立てへ。
e0072513_2147473.jpg

引き出しをつけるため80mm幅のマク板を取り付けます。
やや幅が広いため二丁ホゾを使います。
# by kotmk | 2006-03-21 21:46 | 工房 | Comments(2)

160のホゾ 160のホゾ穴

e0072513_2122047.jpg

テーブルとラダーバックチェア8脚分のパーツを加工中。

ホゾ穴が160ヶ所あまり。
ということは
e0072513_2134290.jpg

ホゾも160個。

まだ作業が続きます。
# by kotmk | 2006-03-18 21:05 | 工房 | Comments(0)