12引き出しのサイドボード〜塗装

e0072513_6161389.jpg


12引き出しのサイドボードを組み上げて塗装作業を繰り返しています。
一日に一回中研ぎをしてオイルを塗りこんでいきます。

引き出しの組み立てはある程度オイルを塗り重ねてから行います。
e0072513_6204569.jpg


乾燥を待つ間、保育園からご注文をいただいたスツールと、工房近くにお住まいのM様のテーブルなどのあら取り作業を開始します。
# by kotmk | 2006-03-02 06:26 | 工房 | Comments(0)

12引き出しのサイドボード

e0072513_7423036.jpg
引き出しの構成が複雑なので一度仮組みをして段取りを確認してから本番に臨みます。
# by kotmk | 2006-02-26 07:42 | 工房 | Comments(0)

こねこ椅子修理

先日、幼稚園に家具を納めてきたとき、「おみやげ」に持ち帰ったのは足の抜けたこねこ椅子3脚。

e0072513_652534.jpg

幼稚園では子供たちにかなり気に入られているようで・・・よく壊れて修理させていただきます。
個人のお客さんからはほとんど修理の依頼はないのですが。

e0072513_654253.jpg

足がゆるくなって抜けた場合、ホゾとホゾ穴をきれいに掃除してからクサビを入れてもう一度叩き込みます。

e0072513_658279.jpg

板の接着部分が弱くなっていると叩き込むときに割れてしまうのでパッチを入れて補強します。
# by kotmk | 2006-02-24 06:58 | 工房 | Comments(0)

12引き出しのサイドボード

天板をはぎ合わせて一足先に仕上げます。
なるべくオイルを塗る回数を確保しておきたいので。
e0072513_2246475.jpg


ほかの部材の加工も着々と進んでいます。
e0072513_22465945.jpg

e0072513_22472393.jpg

# by kotmk | 2006-02-20 22:47 | 工房 | Comments(0)

16引き出し完成

e0072513_6285698.jpg


16引き出しのサイドボード、完成しました。
e0072513_629406.jpg

e0072513_6342717.jpg

W1500×D450×H850 408,000円

組み上げてしまうと重くて一人では移動できません。
運送屋さんに頼んで名古屋のA様のお宅まで運んでもらいます。

工房では次の作品、12引き出しのサイドボードの準備が着々と進んでいます。
これは今回の16引き出しをベースにサイズと引き出しの構成にアレンジを加えたものです。

ところで最近よく利用しているクロネコヤマトの「らくらく家財宅急便」というサービスは私たち家具を作っている小さな工房には画期的なサービスです。

大きくて重い家具の納品はとても大変なことで、近場でしたら自分でレンタカーを借りたり、ある程度量がまとまるとチャーター便の運送屋さんにお願いしていたのですが、手間や費用がかなりかかってしまい、お客様の負担も大きくなってしまうのが実情でした。
特に地方へ届けなければならないとき、たとえば今回の名古屋まででしたらチャーター便の運送屋さんで5〜6万円、私がレンタカーを借りて運転して行っても3〜4万円かかってしまいます。
一般の混載便で発送するとあまり大きなもの、重いものは引き受けてくれなかったり、梱包を半日かけてやっても不十分だからと引き取ってもらえなかったりしました。
また、輸送中に破損してしまうことも何度かありました。

このサービスはもともと荷物の扱いの丁寧さには定評のあるクロネコヤマトさんが全国一律の明快な料金設定で今まで引き受けてくれなかったような荷物を届けてくれる、しかも梱包する必要もなく、作業員の方が2人か3人で梱包材を持参して運んでくれるのでとても安心で助かります。
また梱包材はお客さんに届けた後回収してくれるのでお届け先の負担も軽減されます。

家具工房をやっている方にはぜひお勧めします。
また、一般の方も家財の移動やちょっとした引越しに利用したら便利だと思います。

つい長々と書いてしまいましたが、今後ともぜひ続けてもらいたいサービスなので微力ながら宣伝させていただきました。
# by kotmk | 2006-02-18 06:56 | チェスト・キャビネット類 | Comments(0)

桐箱

少し前に
e0072513_22402313.jpg
幼稚園に納めた棚用の桐箱が出来上がりました。
さっそく棚だけ先に納めていた幼稚園に届けてきました。
http://mixi.jp/view_diary.pl?id=80198093&owner_id=764931

実はこの箱、アートファニチャーギャラリーでアシスタントをしていた淡路君のつてで若手の木工作家たちに発注して作ってもらいました。
僕の注文は「手仕事で面白いものをつくること」でした。

先生方からも大好評。
組み手はアラレやアリなど、何通りかの組み手を使っていました。
e0072513_224111100.jpg


子供たちがこんな本物の手仕事にふれてどういう風に育っていくか楽しみです
# by kotmk | 2006-02-16 22:42 | 工房 | Comments(0)