カテゴリ:工房( 101 )

保育園のテーブル(1)

栃木県足利市にある小俣幼児生活団という保育園のテーブルを制作中です。
e0072513_7532069.jpg

樺材の表面をひと皮削って外気に晒します。
e0072513_755142.jpg

木材は削ったり乾燥が進んだりすると反ったり歪んだりします。
これを「あばれる」と言いますが、できるだけ木材をあばれさせておいてから加工してあげると形状が安定するといわれています。

さて、小俣幼児生活団の園舎は尚建築工房の佐賀井尚さんが設計されたもので、国の指定有形文化財の築100年の母屋と調和するように作られていて、数々の建築賞を受賞した建築です。

国内でも有数の広大な敷地を持つ保育園で、子どもたちは自然の中でのびのびと生活しているそうです。

しばらく外気にさらした材木をはぎ合わせて天板にし、反り止めのためのアリザンを入れるための加工をします。
e0072513_8321457.jpg

天板にアリ溝を掘ります。
e0072513_8323068.jpg

アリザンをたたき込みます。
e0072513_833117.jpg

6台分、12本のアリザンはそれぞれ微調整しながらたたき込むので、合わせ記号をつけています。
e0072513_8332043.jpg

by kotmk | 2007-09-04 08:33 | 工房 | Comments(0)

うんてい

【うんてい・遊具】
今回は高さは1500、幅は1800と2000のものを2台同時に作っています。
丸棒は強度を出すため貫通ホゾにクサビを打ち込みます。
e0072513_11354114.jpg

クサビは硬くてデザイン的にも面白くなるのでローズウッドを使います。
e0072513_1135534.jpg

組み上げて仮組みを済まし、自然塗料のオイルを塗り重ねていきます。
e0072513_1136470.jpg

狭い工房なので組み立てると場所がなくて困ります・・・。
by kotmk | 2007-04-13 11:39 | 工房 | Comments(0)

AVボードとチェスト

I様にご注文いただいて制作中のAVボードとチェストを組み立てています。
e0072513_8562256.jpg

組み立てる前に側板の内側に引き出し用のレールを取り付けます。
組んだ後でやろうとすると作業性が悪くなります。
e0072513_8581176.jpg

引き出しや扉のパーツもできています。
e0072513_8585394.jpg

AVボードの背板には配線、排熱用の穴が上下6箇所にあけてあります。

これから塗装を重ねながら最終的な組み立て・調整をして完成です。
by kotmk | 2007-01-28 09:01 | 工房 | Comments(0)

あけましておめでとうございます!

年末最後の作業はFさんからご注文いただいたテーブルの鉋がけとパーツの加工作業でした。
e0072513_7555534.jpg

冬場は鉋がけをすると汗ばむほど身体が暖まります。

e0072513_7575659.jpg

今回のご注文はテーパー(先細り)状の脚で、角はアール面をとったシンプルな形状。
均一なアール面はトリマーという機械を使って作業します。
引き出しのつくマク板は木目がつながるように大き目の一枚板から切り出して再度接着します。

大晦日まで作業をして掃除をした後、機械の上にお酒を供えて旧年の仕事納め。
e0072513_832724.jpg


旧年中はいろいろとお世話になりました。
今年もよろしくお願いいたします。
by kotmk | 2007-01-01 08:04 | 工房 | Comments(0)

天板

女優の高樹沙耶さんが建てている「エゴコロハウス」のためのテーブル天板材。
45mm厚の樺材をひと皮むいて風にさらします。
e0072513_751485.jpg


材木は乾燥が進むにつれて縮んだり歪んだりします。
少し削って空気にさらしておくことで安定させることをシーズニングと言います。

e0072513_754618.jpg

こちらは13年程前にご購入いただいて以来ずっと愛用していただいていたテーブルの天板を削り直しています。
汚れも傷も風合い・・・という考えかたもありますが、無垢材の家具はいざとなれば削りなおしてまっさらな状態に戻すこともできます。
by kotmk | 2006-12-21 07:57 | 工房 | Comments(0)

5ドロワーズチェスト

本体は一気に組み上げて足も取り付けます。
e0072513_102739.jpg

e0072513_1022173.jpg

自然塗料のオイルを塗り重ねていきます。
e0072513_1025260.jpg

e0072513_103532.jpg

いよいよ最終段階です。
引き出しの箱を組み上げて収まりを微調整します。
e0072513_1031841.jpg

引き出しの表板に取手を取り付けます。
e0072513_103305.jpg

もう少しで完成です。
by kotmk | 2006-11-01 10:03 | 工房 | Comments(0)

5ドロワーズチェスト×2

先週から工房では5引き出しのチェスト、同じものを2台同時に作っています。

天板やカガミ板は荒取りしてからひと皮むいて風にさらしてシーズニングをしていました。
他のパーツも追いかけて荒取りしていきます。
天板、引き出しの表板はまっ先に仕上げてオイル塗装の回数を稼ぎます。
e0072513_7391598.jpg

材料の加工が済んだところでパーツを組み立て始めます。
e0072513_7403521.jpg

e0072513_7405352.jpg

足を作るのを忘れていました。
e0072513_7421764.jpg


すべてのパーツの準備が済んだら、さあ、一気に組み上げていきます。
by kotmk | 2006-10-28 07:43 | 工房 | Comments(0)

座板の掘り込み(その2)

引き続き座板の掘り込みについて。

目安の線をひいて一番深い部分をルーターで掘り込んだらマルチカッターという刃物をディスクグラインダーに取り付けて削っていきます。
e0072513_6513649.jpg

チェーンソーの刃の形状に似た刃先をもつ円形のカッターです。
これを使ってルーターで掘った最深部と目安線をつなげていくように削ります。
e0072513_654416.jpg


次にグラインダーの先を60番の木工用サンダーに付け替えてデコボコをならしていきます。
e0072513_656223.jpg

e0072513_6564277.jpg


さらにスクレーパーを使って凹凸をならしていきます。
何度も座面を手で触って凹凸を確認しながら地道に削っていきます。
e0072513_6583359.jpg

やはり最後は人間の手で加工します。

スクレーパは意外と日本の職人さんには知られていないもののようですが、欧米ではポピュラーなもので、よく使われています。
こちらに以前イタリアのポルデノーネの木工所で使われていた様子をレポートしています。
http://afg0704.exblog.jp/1969481

ひきつづき受講生募集中!ドイツ式初歩木工講座
詳しくは↓こちらをクリックしてください。
http://f49.aaa.livedoor.jp/~leipzig/report/Seminar.htm
http://kotmk.hp.infoseek.co.jp/course/course.htm

by kotmk | 2006-09-26 07:02 | 工房 | Comments(0)

座板の掘り込み(その1)

椅子の座板を座りやすいように掘り込むことがあります。
大きな工場ではNCルーターなどを使って加工するのでしょうが、アートファニチャーギャラリーのような零細な工房ではなかなか大変な作業です。

e0072513_5342560.jpg

34mm厚の樺材にラメロジョインターの加工をします。

e0072513_53604.jpg

手製のクランプで板をはぎ合わせます。

e0072513_5371186.jpg

型板を使って外形や掘り込みの目安になる線をひきます。
e0072513_5382238.jpg


ルーターをつかって一番深い部分の深さを掘り込みます。
e0072513_5394968.jpg

e0072513_5402247.jpg


(その2に続く)

ひきつづき受講生募集中!ドイツ式初歩木工講座
詳しくは↓こちらをクリックしてください。
http://f49.aaa.livedoor.jp/~leipzig/report/Seminar.htm
http://kotmk.hp.infoseek.co.jp/course/course.htm
by kotmk | 2006-09-21 05:43 | 工房 | Comments(0)

ねこ椅子完成

e0072513_19195565.jpg


こねこ椅子、大ネコ椅子が完成しました。
通販の受付も再開いたします。

e0072513_19263513.jpg


通信販売でもクレジットカードがご利用いただけるようになりました。


「ドイツ式初歩木工講座」2006年10月12日(木)〜15日(日)受講生募集中!
http://f49.aaa.livedoor.jp/~leipzig/report/Seminar.htm
by kotmk | 2006-09-03 19:29 | 工房 | Comments(0)