カテゴリ:工房( 105 )

天板の輪染み

【工房】

先日テーブルを納品させていただいたお客様から天板に輪染みができてしまったというご連絡をいただきました。
アートファニチャーギャラリーでは樺の無垢材の天板をオイルとワックスで仕上げしています。
ウレタン塗料などに比べると塗膜が弱いため、水や油が染みてしまうことがありますが、このお客様の場合は南部鉄の食器をご使用していたそうで、天板に黒い染みができてしまったとのことでした。
これは水に溶けだした鉄の成分が木材の中のタンニンと結びついて発色したものと思われます。
染色の世界で言われる鉄媒染と同じメカニズムで起こる現象だと思います。
この対処法を研究するためにテスト用の樺材無垢板をオイル仕上げしたものに同じような染みを作ってみました。
手製クランプのストッパーとして使っている5mm厚の鉄のフラットバーです。
黒皮と呼ばれる酸化被膜を取るためにサンダーをかけてあります。
e0072513_0281588.jpg

水道水に浸して天板の上に置きます。
e0072513_028598.jpg

鉄以外の金属も試してみるために銅製のヤカンや硬貨、鍵なども同様に水に浸して置いておきました。
e0072513_0304264.jpg

e0072513_0305686.jpg

e0072513_0311625.jpg

4時間ほど経過したところ、鉄製のフラットバーを置いた部分は品物の形どおりに黒いシミができました。
e0072513_0323543.jpg

ほかの金属製のヤカンや硬貨、鍵のところには特に変化は見られませんでした。

このシミの対処法についてはいろいろと調べてみたところシュウ酸の水溶液が効果ありそうということで、薬局に注文したのですが、毒物なので取り扱いが面倒です。
あるウェブサイトでタンニン染めをした革製品にレモン汁がついて脱色されてしまったという記述を見かけてレモン汁を試してみることにしました。
これなら毒性はないし家庭でも入手できます。
e0072513_041945.jpg

3時間後。
e0072513_0422914.jpg

レモン汁の付いた部分の染みは見事に消えてなくなりました。
家具の染み抜きについての事例はほとんどネット上に紹介されていないので参考にしていただければと思います。
他にももし良い方法をご存知の方がいらしたら、ぜひ教えていただければと思います。
by kotmk | 2007-10-26 00:51 | 工房 | Comments(4)

保育園のテーブル(4)

【工房】

保育園のテーブルは最終の塗装工程に入っています。
ワックスをかけて各パーツを組み上げます。
e0072513_7252314.jpg

e0072513_7255035.jpg

e0072513_7263193.jpg

先に仕上げて塗装を繰り返していた天板です。
今回はアトリエ・ベルさんが新しく開発した植物樹脂入りのワックスを使って仕上げています。
e0072513_7265524.jpg

by kotmk | 2007-09-24 07:30 | 工房 | Comments(0)

保育園のテーブル(3)

【工房】
足の部分のパーツは6台分で200点以上。
そのうち132点の両端に264個のホゾを作ります。
e0072513_034085.jpg

e0072513_04788.jpg

同じ数だけホゾ穴を掘って、48個の丁番のために96ヶ所に掘り込みを作ります。
大変な作業ですが淡々と慌てず騒がずに進めていきます。
e0072513_7392529.jpg

e0072513_740130.jpg

e0072513_7403393.jpg

by kotmk | 2007-09-21 00:05 | 工房 | Comments(0)

保育園のテーブル(2)

【工房】
反り止めのアリザンをたたき込みます。
e0072513_8473234.jpg

ハンマーを振上げて渾身の力でたたき込みます。
テーブル6台分、12本のアリザンをたたき込むと手にマメができます。
e0072513_8503479.jpg

シェイプ(削り込み)をほどこし、一度水ぶきして表面をけば立たせてからサンディングをします。
e0072513_8515724.jpg

仕上げ用のオイルをたっぷり塗って乾燥させるために24時間置いておくのですが・・・・1500×750の天板6枚に狭い工房が占領されてしまいます。
e0072513_911954.jpg

by kotmk | 2007-09-07 09:01 | 工房 | Comments(0)

保育園のテーブル(1)

栃木県足利市にある小俣幼児生活団という保育園のテーブルを制作中です。
e0072513_7532069.jpg

樺材の表面をひと皮削って外気に晒します。
e0072513_755142.jpg

木材は削ったり乾燥が進んだりすると反ったり歪んだりします。
これを「あばれる」と言いますが、できるだけ木材をあばれさせておいてから加工してあげると形状が安定するといわれています。

さて、小俣幼児生活団の園舎は尚建築工房の佐賀井尚さんが設計されたもので、国の指定有形文化財の築100年の母屋と調和するように作られていて、数々の建築賞を受賞した建築です。

国内でも有数の広大な敷地を持つ保育園で、子どもたちは自然の中でのびのびと生活しているそうです。

しばらく外気にさらした材木をはぎ合わせて天板にし、反り止めのためのアリザンを入れるための加工をします。
e0072513_8321457.jpg

天板にアリ溝を掘ります。
e0072513_8323068.jpg

アリザンをたたき込みます。
e0072513_833117.jpg

6台分、12本のアリザンはそれぞれ微調整しながらたたき込むので、合わせ記号をつけています。
e0072513_8332043.jpg

by kotmk | 2007-09-04 08:33 | 工房 | Comments(0)

うんてい

【うんてい・遊具】
今回は高さは1500、幅は1800と2000のものを2台同時に作っています。
丸棒は強度を出すため貫通ホゾにクサビを打ち込みます。
e0072513_11354114.jpg

クサビは硬くてデザイン的にも面白くなるのでローズウッドを使います。
e0072513_1135534.jpg

組み上げて仮組みを済まし、自然塗料のオイルを塗り重ねていきます。
e0072513_1136470.jpg

狭い工房なので組み立てると場所がなくて困ります・・・。
by kotmk | 2007-04-13 11:39 | 工房 | Comments(0)

AVボードとチェスト

I様にご注文いただいて制作中のAVボードとチェストを組み立てています。
e0072513_8562256.jpg

組み立てる前に側板の内側に引き出し用のレールを取り付けます。
組んだ後でやろうとすると作業性が悪くなります。
e0072513_8581176.jpg

引き出しや扉のパーツもできています。
e0072513_8585394.jpg

AVボードの背板には配線、排熱用の穴が上下6箇所にあけてあります。

これから塗装を重ねながら最終的な組み立て・調整をして完成です。
by kotmk | 2007-01-28 09:01 | 工房 | Comments(0)

あけましておめでとうございます!

年末最後の作業はFさんからご注文いただいたテーブルの鉋がけとパーツの加工作業でした。
e0072513_7555534.jpg

冬場は鉋がけをすると汗ばむほど身体が暖まります。

e0072513_7575659.jpg

今回のご注文はテーパー(先細り)状の脚で、角はアール面をとったシンプルな形状。
均一なアール面はトリマーという機械を使って作業します。
引き出しのつくマク板は木目がつながるように大き目の一枚板から切り出して再度接着します。

大晦日まで作業をして掃除をした後、機械の上にお酒を供えて旧年の仕事納め。
e0072513_832724.jpg


旧年中はいろいろとお世話になりました。
今年もよろしくお願いいたします。
by kotmk | 2007-01-01 08:04 | 工房 | Comments(0)

天板

女優の高樹沙耶さんが建てている「エゴコロハウス」のためのテーブル天板材。
45mm厚の樺材をひと皮むいて風にさらします。
e0072513_751485.jpg


材木は乾燥が進むにつれて縮んだり歪んだりします。
少し削って空気にさらしておくことで安定させることをシーズニングと言います。

e0072513_754618.jpg

こちらは13年程前にご購入いただいて以来ずっと愛用していただいていたテーブルの天板を削り直しています。
汚れも傷も風合い・・・という考えかたもありますが、無垢材の家具はいざとなれば削りなおしてまっさらな状態に戻すこともできます。
by kotmk | 2006-12-21 07:57 | 工房 | Comments(0)

5ドロワーズチェスト

本体は一気に組み上げて足も取り付けます。
e0072513_102739.jpg

e0072513_1022173.jpg

自然塗料のオイルを塗り重ねていきます。
e0072513_1025260.jpg

e0072513_103532.jpg

いよいよ最終段階です。
引き出しの箱を組み上げて収まりを微調整します。
e0072513_1031841.jpg

引き出しの表板に取手を取り付けます。
e0072513_103305.jpg

もう少しで完成です。
by kotmk | 2006-11-01 10:03 | 工房 | Comments(0)