カテゴリ:工房( 105 )

最近の仕事・海外出張

5月6日から30日まで、フランス、スペイン、ドイツに行ってきます。
メールのお返事などが遅くなるかもしれません。
よろしくお願いします。

というわけで最近バタバタしていて新しい作品のアップができませんでした。
まとめてご紹介しておきます。
帰国後に整理しようと思いますのでご参考までにご覧ください。

登り棒なしタイプのうんていです。
e0072513_10491614.jpg

こちらは登り棒あり。
e0072513_10502220.jpg

最後の在庫のこねこいす。
e0072513_10505255.jpg

ファクス台として使うキャスター付きのチェスト。
e0072513_10521755.jpg

木製のキャスターを使用しています。
e0072513_10531219.jpg

引き出しの横はアリ組です。
e0072513_1054236.jpg

取っ手は小さめの金物。
e0072513_1055282.jpg

ガラス引き戸の食器棚
e0072513_1056457.jpg

e0072513_10565137.jpg

アンティック風のガラスを使っています。
e0072513_1057296.jpg

タナ板は可動式です。
e0072513_1058103.jpg


それでは行ってきます!
by kotmk | 2008-05-05 10:58 | 工房 | Comments(0)

保育園のミニキッチン、テーブル

以前テーブルを納めさせていただいた足利市の小俣幼児生活団にご注文をいただいて、ミニキッチンと一体型のテーブルを制作しています。
e0072513_75659.jpg

ステンレスシンクの上に可動棚がつきます。
e0072513_762440.jpg

棚板には滑り落ち止めの桟がついています。
e0072513_783220.jpg

本来キッチンの背に2200mmのテーブル天板が連結されます。
アートファニチャーギャラリーの工房では大きすぎて写真が撮れません・・・。
e0072513_79311.jpg

by kotmk | 2008-04-01 07:19 | 工房 | Comments(0)

IKEAさんの家具

新居の家具を注文していただいたお客様に、もしついでにできたら・・・と、IKEAで購入された食器棚の運搬、組み立てを依頼されました。
IKEAといえばアートファニチャーギャラリーの工房からもそう遠くない第三京浜港北インター前に巨大な店舗をかまえるインテリアショップです。
スウェーデン生まれのしゃれたデザイン、規模の大きさ、そして私たちプロからみてもリーズナブルな価格は本当に家具屋にとって脅威です。

が、お客様の頼みでもあり、こうした組立家具の勉強にもなるかと思い、今回は引き受けてみました。
e0072513_8405933.jpg

事前に発注してあったパーツがそろったというので、バンでひきとりに行ってきました。
IKEAでは徹底的なコストダウンをはかるため、配送料は別途有料になります。
持ち帰り用の紙袋も有料です。
e0072513_8433485.jpg

壁付の食器棚ですとかなりのパーツの量になります。
また、パネルや天板、巾木など、一部のパーツはカットが必要になります。
工房の大きな機械を使った方がきれいに加工できるので、いったん工房へ運びこみました。
e0072513_8463624.jpg

店頭のパソコンで設計された図面から必要な部材がピックアップされていますが、梱包には品番しか書かれていないため、まずどれが何のパーツなのかを判別するのが大変でした。
これだけの量があると梱包材も半端ではなく、また、順序よく開梱していかないと場所が無くなってしまったり品物に傷が付く原因になります。
e0072513_8502422.jpg

マニュアルのほとんどが絵による説明で言葉がありません。
世界中で同じ商品を売っているからでしょうか。
e0072513_852545.jpg

部材の判別、段取りさえできれば機械生産された製品の精度はまずまずなので淡々と組み上げていきます。
今回は大小5個の箱にガラス扉が3枚、木の扉が2枚、引出が大小4ハイという構成でした。
すべてのパーツは分解されて平たい梱包になっていますので、引き出しの箱もマニュアルをみながら組み立てて、別途選択された表板を組みつけていきます。
扉や引き出しの取手は売り場で自分の好みのものを選んで買ってきます。
ですから取り付ける位置も自分で決めて取り付け用の穴もドリルで開けなければなりません。
e0072513_8585531.jpg

おおまかに組み上げたパーツを現場に持ち込み、壁の芯にサスペンションレールをとりつけ、付属の金具を使って家具を固定していきます。
あとは工房で加工してきたパネルや天板をとりつけ、扉や引き出しをとりつけて調整すれば出来上がり。
e0072513_913440.jpg

e0072513_92720.jpg

IKEAが開店する午前10時にパーツの引き取りに行き、組み立て、現場搬入、大まかな据え付けまでアシスタントと二人がかりで夜10時ころまでかかり、翌日は私一人で半日くらいの作業でした。
一般の方にはこの作業はちょっと大変かもしれません。
by kotmk | 2008-03-12 09:05 | 工房 | Comments(0)

子供スツール修理

大磯のM保育園から荷物が届き、あけてみると・・・。
e0072513_7545944.jpg

みごとにボッキリと足が折れたスツールが2脚。
こねこ椅子やスツールで、使用しているうちに足がゆるんだり抜けたりして修理をすることはあったのですが、こんな風に折れたということはほとんどありませんでした。
でも大丈夫です。
まず折れた脚の残りをのこぎりで切り落として座面の裏をきれいにします。
e0072513_801493.jpg

e0072513_824881.jpg

足の角度、12度にあわせた台です。
これに固定してボール盤を使ってもう一度ほぞ穴をあけます。
e0072513_842687.jpg

e0072513_845095.jpg

ほぞ穴にのりをつけてスペアパーツの足をたたきこみます。
e0072513_861032.jpg

新しい足に何回かオイルを塗り重ねれば修理完了。
飛行機君とレモンちゃん、もう少し待っていてください。
e0072513_891429.jpg

e0072513_873538.jpg

by kotmk | 2008-02-22 08:01 | 工房 | Comments(0)

コンソールテーブル、引出し製作中

W1500×D300×H750のコンソールテーブルとその下に収まるキャスター付き引出しを製作中です。
e0072513_943452.jpg

置く場所の都合で奥行が小さくて、既製品に良いものがなかったそうなのでご注文をいただきました。
天板の下に引き出しが1ハイ付きます。
e0072513_9441195.jpg

引き出しの表板などのパーツはすでにオイル塗装中です。
今の時期、工房の温度は6度から10度程度、オイルの乾燥が遅くなるのが悩みです。
e0072513_9443256.jpg

キャスター付き引出しもテーブルの下に収まるようにするため奥行がかなりせまくなっているので出来るだけ実効内寸を大きく取るために昔ながらの木の引き出しレールを使います。
e0072513_9445887.jpg

取手も同じ樺材で作りました。
e0072513_9451783.jpg

引き出しは桐の集成材をアリ組みしています。
by kotmk | 2008-01-27 09:47 | 工房 | Comments(1)

初仕事

今年の初仕事は暮れからとりかかっている磯子のT様からのご注文で変形ラダーバックチェアと収納付スツールです。
e0072513_1122945.jpg

ラダーバックチェアはあまり背が高いと圧迫感があるということで、横木を一本減らして背を低く作ります。
冬場は自然塗料のオイルの乾燥が遅くなるため、座板やはめ板などオイル塗装の回数をかせいでおきたいところを先に仕上げて塗り始めます。
e0072513_11103475.jpg

e0072513_11105569.jpg

実は去年の初仕事もT様のご注文でした。
by kotmk | 2008-01-06 11:12 | 工房 | Comments(3)

うんてい

【うんてい・遊具】
家庭用、室内用のうんていは他にあまり作っているところがないらしく、最近よく注文をいただきます。
今回は基本形の1200mmサイズです。
丸棒はヨーロピアンビーチ、ブナの一種です。
丸棒の専門メーカーに特注して直径28mmの丸棒を作ってもらっています。
e0072513_2352583.jpg

両端に丸ホゾ加工してクサビを入れるための割れ目を作って穴にたたき込みます。
e0072513_236581.jpg

本体はベース部分と支柱部分が組みあがって仮組をしています。
e0072513_2374678.jpg

はしご部分も丸ホゾにウォールナットのクサビをたたき込んで完成。
塗装前に仮組をします。
e0072513_092239.jpg

これで問題がなければ仕上げ用のオイルを塗り重ねていきます。
by kotmk | 2007-11-21 23:12 | 工房 | Comments(0)

キャットタワー

以前からアートファニチャーギャラリーの家具を使っていただいているT様の依頼でキャットタワーを作ることになりました。
キャットタワーを作るのは今回が初めてだったので、どんなものなのかネットを検索してみると本当に様々な形状、大きさ、価格のものが見つかってしばし思案にくれました。

お客様からだいたいの大きさを指定されていたのでそれをとっかかりに設計しました。
コーナーに置くことを想定して直角二等辺三角形の頂点に柱を立て、全高1700mmを200mmから300mmの間隔で踏み板を配置するように骨組みを作りました。
e0072513_21565914.jpg

踏み板は三角形のもの、マメ型のもの、米型のものを作りました。
また、雲型というか波しぶきのような形の飾り板を最上階と最下階に取り付けます。
e0072513_2271611.jpg

e0072513_220526.jpg

肌寒くなってきたのでオイルの乾燥に時間がかかるようになってきました。
塗装にあと1週間ほどかかると思います。
e0072513_2253863.jpg

by kotmk | 2007-11-15 22:05 | 工房 | Comments(0)

天板のシミ抜き(3)

【工房】
「テーブルに鉄製品を乗せておいたら黒い染みができてしまった」というメールをお客様からいただき、いろいろと実験をしています。
今までの実験は数時間~一晩ほどかけてつけたシミを消す実験でした。
手軽さから言うとレモン汁
効果から言うとシュウ酸が良い結果を出しました。

今回は鉄を水道水につけて天板の上に1週間放置、ときどき水を補給してじっくりと染みをつけてみました。
e0072513_755501.jpg

その結果、黒いシミ、赤錆びの汚れなどがこびりついてかなりひどい状態になりました。
e0072513_7573369.jpg

雑巾で水拭きしてもこびりついてとれません。
e0072513_7584099.jpg

いくらなんでもアートファニチャーギャラリーの家具がここまで放置されるとは思わない(思いたくない)ですが・・。

前回の実験の時に作ったシュウ酸の5%水溶液をたっぷりつけて浸します。
e0072513_803898.jpg

約3時間後。
e0072513_81567.jpg

よく拭き取って乾燥させると跡形も残りません。
e0072513_86233.jpg

ただしシュウ酸には毒性があります。
ご家庭での使用はなるべく避けて、レモン汁をお試しになることをお勧めします。
by kotmk | 2007-11-06 08:04 | 工房 | Comments(0)

天板のシミ抜き(2)

【工房】
「真打」シュウ酸が手に入ったので天板の染み抜き実験をしてみました。
e0072513_7582532.jpg

一晩おいて念入りにつけた天板のシミに5%のシュウ酸溶液をかけました。
e0072513_7595581.jpg

2時間ほどで完全に染みは消えてしまいました。
e0072513_803878.jpg

効果はてきめんですが、ラベルには白地に赤く「医薬用外劇物」と表記されています。
ホウレン草にも含まれている成分ですが、致死量15g~30gという危険な薬物です。
by kotmk | 2007-10-28 08:08 | 工房 | Comments(0)