箱物の組み立て

高樹沙耶さんの家具のパーツを組み立てました。
箱物の場合、木目による伸縮率の違いの悪影響を避けるために枠を作ってそこに板をはめ込み、パネル状にして組み立てていきます。

80mm幅のフレームには二丁ホゾを使います。
e0072513_9144676.jpg

ハメ板は先にオイル塗装をしておきます。
木目を見ながら並び方を決めます。
e0072513_9164862.jpg

底板は低ホルムアルデヒドの合板を使用することが多いのですが、今回は総無垢材で作ります。
側板用のハメ板は一面に6枚、4面分を2台作るので合計48枚。
やはりあらかじめ塗装をしてから並ベていきます。
e0072513_9214452.jpg

手じゃくり加工をした蓋です。
e0072513_9223942.jpg

側板のパネル。
e0072513_9232734.jpg


建築の方も着々と進んでいます。
by kotmk | 2007-01-23 09:24 | 高樹沙耶(益戸育江)さんの家具 | Comments(0)
<< AVボードとチェスト テレビチャンピオン >>