受講生募集中!ドイツ式初歩木工講座〈変更〉

以前お知らせしましたように、アートファニチャーギャラリーではライプチヒ在住の家具マイスター、クレメンス・ゲルステンベルガーさんが来日するのにあわせ、彼を講師に迎えて「ドイツ式初歩木工講座」を2006年10月12日(木)〜15日(日)に開講します。

このたび、より多くの方にご参加いただけますように講座の内容を変更いたしました。

e0072513_86863.jpg

ライプチヒ市のマイスター学校で教師もしているゲルステンベルガーさんの指導のもと、ドイツ式の木工修行の初歩段階を、現地で行うのと同じやり方で体験する研修講座です。

ドイツの木工職人修行で見習いに採用された若者たちが一番初めに製作する小さな椅子(FUSSBANK)を原則的にドイツの伝統的な手道具を使って作り上げます。
e0072513_8739100.jpg

e0072513_8112867.jpg


今回は多くの方が参加しやすいように1日単位で希望日を選んでいただいて研修を受けていただきます。
ゲルステンベルガー氏からは「もし材料取りからすべて手道具を使って作業すると2~3週間、
材料の荒取りをあらかじめ準備しておけば4日間のコース」
といわれていたので、4日間なければ課題のFUSSBANKは完成しないかもしれません。
その場合は材料を持ち帰っていただいき、ご自宅で完成させるか、
後日、アートファニチャーギャラリーの三木が引き継いで指導するかをお選びいただくことになります。
残念ながら、ゲルステンベルガーさんは17日には帰国の途についてしまうのです。

ご興味のある方は下記の紹介ページをご参照ください。
お問い合わせは三木(afg@mikikota.net)までどうぞ。
http://f49.aaa.livedoor.jp/~leipzig/report/Seminar.htm

http://kotmk.hp.infoseek.co.jp/course/course.htm

by kotmk | 2006-09-17 10:49 | 教室・講座 | Comments(2)
Commented at 2006-09-21 00:53 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by kotmk at 2006-09-21 05:24
コメント書き込みありがとうございました。
現時点ではどの日も空きがありますので、希望日を明記して三木あてのメールでお申し込みください。
15日日曜日はあと1名で定員です。
afg@mikikota.net
<< 座板の掘り込み(その1) 職場体験レポート >>