建具を家具に

以前掲載した川口の大黒柱の家。
2007年にマンション建設のために解体された、およそ100年前に建てられた商家の大黒柱や床の間の板、巨大な梁などを利用していくつか家具にリフォームしてきました。

今回は取り外して保管していた建具を利用してキャビネットを作りました。
e0072513_108596.jpg

側板と引き出しの表板には、旧宅から取り外して保管していた栃の木を再利用しました。
e0072513_1094630.jpg

繊細な桟組み、古い型押しガラスの建具は引き違戸に。
e0072513_1012567.jpg

天板は床の間に使われていたケヤキを再利用しました。
e0072513_1012187.jpg

引き出しの内箱には新しい桐材を使いました。
e0072513_10123368.jpg

by kotmk | 2009-08-19 10:17 | 川口の大黒柱 | Comments(0)
<< 建具を家具に その2 テーブルリフォーム >>