ファクス台

e0072513_1656054.jpg

W600×H900×D350

e0072513_16561148.jpg

小物入れ用の引き出し3ハイと扉。
扉内部には可動棚板を2枚つけました。

e0072513_16562242.jpg

148,800円(税込・送料別)
# by kotmk | 2006-01-12 16:59 | チェスト・キャビネット類 | Comments(0)

食器収納用戸棚

e0072513_16474855.jpg


W900×H850×D430
e0072513_16483029.jpg


内部には重い食器類も収納できるように21mm厚の可動棚板を3枚入れました。
e0072513_1650136.jpg


165,600円(税込・送料別)
# by kotmk | 2006-01-12 16:51 | チェスト・キャビネット類 | Comments(0)

金具

暮から制作しているキャビネットに扉用の丁番をつけました。
e0072513_19581329.jpg


e0072513_19583067.jpg

アップの写真はスライド丁番といって扉を取り付ける際に前後左右上下回転ひねり・・なんでも調整することができる便利なもの。

スガツネなど国産品でも十分ですがドイツびいきのアートファニチャーギャラリーはHettichの物を使っています。

e0072513_19584557.jpg

こちらは昔ながらの真鍮合わせ丁番といわれているもので、雰囲気は良いが取り付けにすごく手間がかかります。
丁番の厚み分の掘り込みを扉側と本体側の両方に作って埋め込まなければなりません。

しかも取り付け後の微調整がとても難しいです。
さらに取り付けに使うのは真鍮のネジで、これが油断するとすぐにネジの頭をなめてしまいます(プラス型の溝を潰してしまう)。

そして0.1mm単位で下穴(あらかじめ開けておくネジ穴)の大きさを調整しないと容易にねじ切ってしまいます。

電動ドライバーなどはもってのほか、手回しドライバーで慎重に締め込んで行きます。

家具作りで一番緊張するのは実はこんな金具の取り付け作業なのです・・・。
地味・・・。
# by kotmk | 2006-01-09 20:09 | 工房 | Comments(0)

暖かいところ

現在2台のキャビネットを制作しているところです。
引出や扉に使う取手も一つひとつ木で作っています。
e0072513_168090.jpg


仕上げる前に一度水で濡らして木の表面をケバ立たせてからサンドペーパーをかけるときれいに仕上がります。
寒い工房で一番暖かくて木の乾きが早いところは・・・旧式のパソコンディスプレイの上です。
# by kotmk | 2006-01-07 16:13 | 工房 | Comments(0)

今年もよろしくお願いします。

暮れは30日に仕事じまい。
工房は5度から日中でも10度まで室温が上がらず、乾燥の遅い自然塗料のオイルがますます乾きにくくなっています。
e0072513_2384612.jpg


とりあえず組み上げたファックス台と食器収納用のキャビネットにオイルを塗り、年末年始の休み中にじっくり乾燥させます。
e0072513_2415293.jpg


形だけ(?)大掃除を済ませて軸傾斜昇降盤の上にお酒を供えて新年の準備。
e0072513_2441092.jpg


新年の営業は6日からになります。
今年もどうぞよろしくお願いいたします。
# by kotmk | 2006-01-01 02:44 | 工房 | Comments(0)

卒業制作3

T君から完成したテーブルの写真が送られてきました。
e0072513_1319054.jpg
e0072513_13191325.jpg


2m×1mのヒノキのテーブルが3台。
アートファニチャーギャラリーの工房では脚部パーツの加工だけをして、後は大学に持っていって組み立てました。

間伐材の有効利用に関する卒論の添付資料として作られたのですが、なかなか迫力のある作品ができたと思います。

天板だけで60mmの厚さがあります。
これほど分厚い卒論を見たことがありません・・。
# by kotmk | 2005-12-28 13:23 | レンタル工房 | Comments(0)