<   2013年 08月 ( 6 )   > この月の画像一覧

第5弾!ドイツ式木工講座 残念ながら中止となりました

2013/09/25

2013年11月2日~4日に開催を予定しておりました「第5回ドイツ式木工講座」は残念ながら講師ゲルステンベルガー氏の一身上の理由により開催を中止することになりました。

お申し込み・御検討いただいていた皆様には大変ご迷惑をおかけして申しわけありませんでした。

すでにお申し込みいただいていた方には個別にご連絡を差し上げて講習料金のご返金などのご案内をさせていただきます。

アートファニチャーギャラリー 三木黄太


【教室・講座】
ドイツ人家具マイスターのクレメンス・ゲルステンベルガーさんを講師に招いたドイツ式木工講座の第5弾を11月2日(土)、3日(日)、4日(月・祝)の三日間にわたって開催します。
e0072513_20453343.jpg


今回はドイツの家具職人修業の一番最初に作る「Fussbank」、ドイツの伝統的な図柄をモチーフにした象眼細工、手道具を中心に無垢材を使って作る「Stickstool」の3つのコースから選んで受講していただきます。

クレメンスさんのライプチヒの工房および彼が教師を勤めているマイスター学校にて行われている「ドイツ木工研修留学」のガイダンスとしても実績のある講座です。

これまでの「ドイツ式木工教室」の様子を御紹介します。
第1回2006年10月
第2回2007年4月
第3回2008年12月
第4回2010年4月

材料、道具はこちらで用意します。
使い慣れた工具類の持ち込みは可能ですが手道具のみとなります。
コースは必要に応じて日本語、ドイツ語、英語で行われます。

日時:2013年11月2日(土)~11月4日(月・祝) 9:00~17:00(準備片付けを含む)

場所:江東区森下文化センター3F 創作室

費用:18,000円+材料費4,000円

お問い合わせ・申し込みはアートファニチャーギャラリー三木(afg@mikikota.net)までメールでどうぞ。

ドイツ木工研修留学に参加された方のレポートです。
by kotmk | 2013-08-21 21:01 | 教室・講座 | Comments(0)

うんていベースなしタイプW2000×H1800×D1140新平均台ブランコ式練習棒つき

富山県のA様からご注文いただいたベース無しタイプのうんていです。
e0072513_1111460.jpg

転倒防止用の張り出しは片側・両側兼用タイプです。
今は「片側用」に取り付けてあります。
一面を壁に付けて設置する場合はこのように本体を壁側に寄せて、端に取り付けてください。
e0072513_1135561.jpg

部屋の真ん中に置く場合はこちらでご紹介しているように本体を転倒防止用の張り出しの中央に取り付けてください。

可動式登り棒に引っ掛けて使う「新平均台」を追加しています。
e0072513_117397.jpg

e0072513_1175713.jpg

この新平均台は付属の台座を取り付けることで独立した平均台としても使う事が出来ます。
e0072513_1191699.jpg

高さ、幅はともに100mmになります。
e0072513_1193811.jpg



本体のハシゴには直径25mmの丸棒を150mm間隔で12本取り付けています。
e0072513_1112387.jpg

比較のために手に持っているのは標準サイズ、直径28mmの丸棒です。
e0072513_11103121.jpg

ブランコ式のぶら下がり練習棒を2本取り付けています。
これは直径25mm。
e0072513_1114301.jpg

こちらは直径18mmです。
e0072513_11152185.jpg

本体のハシゴ丸棒に「ネジ結び」という結び方で取り付けています。
e0072513_1117119.jpg

丸棒にはフランジを取り付けてロープがずれないようにしています。
e0072513_11225436.jpg

太さ9mmのポリエステルロープが付属しています。(引っ張り強度680kg 安全強度135kg)
長さは片側約2mです。
結び方で長さを調整します。
「ブランコ式ぶら下がり練習棒」は小さいお子様が丸棒をつかんでぶら下がりの練習をすることを想定して作っています。
必ずこの写真のようにハシゴの丸棒に取り付けて御使用ください。
ハシゴの側板に取り付けて大きく揺らしたりするとうんてい本体が転倒する可能性があります。

e0072513_11274972.jpg


ベースなしタイプうんてい
W2000×H1800×D1140
直径25mmの丸棒を150mm間隔で12本取り付け

転倒防止用の張り出し 片側・両側兼用タイプ
ブランコ式ぶら下がり練習棒 2本(直径18mm、25mm)
新タイプの平均台
可動式登り棒2本
nb2000_1800-12.gif

本体   112,900円

オプション
ハシゴ丸棒2本追加 7,350円
可動式登り棒2本 8,600円
ブランコ式ぶら下がり練習棒2本 7,350円
新タイプ平均台 24,000円

合計 160,200円

富山県までの梱包送料 8,515円(参考)

e0072513_11293737.gif

by kotmk | 2013-08-21 11:34 | うんてい・ブレキエーション | Comments(0)

うんていベースなしタイプW1800×H1800×D1140可動式登り棒×4本

千葉県のI様からご注文いただいたベース無しタイプのうんていです。
e0072513_1040328.jpg

転倒防止用の張り出しは片側・両側兼用タイプです。
今は部屋の真ん中に置く場合の「両側用」にセットしてあります。
e0072513_10411959.jpg

一面を壁に付けて設置するような場合は張り出しの端に開けてあるボルト穴を利用して本体を壁側に寄せて取り付けてください。
e0072513_10425279.jpg

こちらに「片側用」にセットした例をご紹介しております。

可動式の登り棒(直径28mm)を4本追加しています。
e0072513_1044492.jpg


メインのハシゴの丸棒も標準サイズ、直径28mmのものを187.5mm間隔で9本取り付けています。
e0072513_10444465.jpg


e0072513_10483497.jpg

e0072513_10491337.jpg


ベースなしタイプうんてい
W1800×H1800×D1140
直径28mmの丸棒を187.5mm間隔で9本取り付け

転倒防止用の張り出し 片側・両側兼用
可動式のぼり棒4本(直径28mm)
nb1800_1800-9.gif

本体   101,400円

オプション
可動式登り棒4本 17,200円(1本あたり4,300円)

合計 118,600円

千葉県までの梱包送料  6,240円(参考)

e0072513_10504186.gif

by kotmk | 2013-08-20 10:52 | うんてい・ブレキエーション | Comments(0)

六角形テーブル

福井県のO様からご注文いただいた六角形テーブルです。
こちらは工房で撮った写真です。
e0072513_1095177.jpg


往復(寄り道も含めて)およそ1100kmの行程で直接お届けに上がってきました。
お客様の許可をいただいて新築のお宅で撮影させていただきました。
e0072513_10123885.jpg


このテーブルは一辺880mmの正六角形の天板を半分に割った台形のテーブルを2台組み合わせたものです。
お客さんの人数やシチュエーションによって様々な置き方のアレンジが出来ます。
半分ずらしておくとこんな感じです。
e0072513_1015489.jpg


直線的に並べると一辺が2640mmの平行四辺形になります。
e0072513_10171598.jpg


「く」の字型に置くとこんな風に。
このテーブルが3セットあれば一辺1760mmの巨大な六角形のテーブルになります。
会議室にも使えますね。
e0072513_10201478.jpg


「V」字型?「矢印」型に置くとこんな感じです。
e0072513_10234129.jpg


O様は床に自然塗料のワックスを塗られたそうです。
階段や内装の色、雰囲気とアートファニチャーギャラリーの家具が良く響き合ってきれいな写真が撮れました。
ありがとうございました。

e0072513_10254069.gif


一辺が880mm高さ680mm↓の正六角テーブル(台形テーブル2つ)。
六角テーブル2.gif
本体(台形テーブル2台)  262,000円(@131,000円)

こちらには以前に作った六角形テーブルをご紹介しています。
by kotmk | 2013-08-17 10:33 | テーブル・机 | Comments(0)

ラダーバックチェア×5脚

福井県のO様からご依頼いただいたラダーバックチェア×5脚です。
e0072513_10118.jpg

e0072513_1012659.jpg

座面高はやや低めにしてSH=390mm。
低めの椅子は座った時に安定感があってリラックスできます。
e0072513_1022179.jpg

座面は座り心地が良いように掘り込みをしています。
座面の掘り込み作業の様子をこちらでご紹介しています。
e0072513_1031539.jpg

背板も厚い板から削り出して曲面にしています。
e0072513_1035371.jpg


e0072513_104458.jpg

ラダーバックチェア
W450×D480×H(1100)×SH390
@¥43,200
e0072513_1065211.jpg


座板の裏側に焼き印とロットナンバーがあります。
e0072513_1072596.jpg

e0072513_1074337.jpg

e0072513_1075914.jpg

e0072513_1081290.jpg

e0072513_1082956.jpg

by kotmk | 2013-08-08 10:12 | 椅子 | Comments(0)

椅子の座面掘り

椅子の座面を座りやすくするために掘り込みます。

ラダーバックチェアの座板です。
e0072513_21354822.jpg


型板3枚を使って外形の輪郭線、掘り込みの境界線、一番深く掘り込むところの目安線を引きます。
e0072513_2140191.jpg

e0072513_2141539.jpg


ラメログルーバーを使って一番深く掘るところまで切り込みを入れます。
ドリルを使うとセンターピンの部分がポイント的に深くなってしまい効率が悪いです。
e0072513_21413835.jpg


KERV 木工用超硬ディスクカッターを使って掘り込みます。
e0072513_21432733.jpg



目安線に従って出来るだけなめらかになるよう掘り込みます。
e0072513_2145963.jpg

ラメログルーバーを使って掘った切り込みの底に赤鉛筆で印を付けてこれ以上掘らないように気をつけます。
e0072513_21471389.jpg


e0072513_21474692.jpg

凹凸が残ると次のサンディングの作業が大変になります。
e0072513_21484830.jpg


各種サンダーを使って仕上げます。
e0072513_2150257.jpg

サンダーでは取りにくい凹凸はスクレーパーを使ってならします。
e0072513_21504923.jpg

by kotmk | 2013-08-05 21:53 | 工房 | Comments(0)