<   2012年 06月 ( 6 )   > この月の画像一覧

うんていベースなしタイプW1500×H1800×D870登りハシゴ付き

東京都のK様からご注文いただいたうんていです。
e0072513_16371673.jpg

ベース無しタイプのうんていで、転倒防止用の張り出しは片側用です。
e0072513_163805.jpg

ハシゴの丸棒は直径25mmのものを200mm間隔で7本取り付けています。
丸棒の太さや間隔は構造や強度の問題がない限りご要望にあわせてオーダーしていただけます。
お子様の成長や兄弟の状況、御使用される期間などをもとにお考えください。
e0072513_16382098.jpg

四季のある日本では年間を通して湿度の差が大きく、またうんていのように日常的に手に触れる製品は汚れが木材に染み込みやすいので一般に塗装をして保護する必要があります。
アートファニチャーギャラリーでは日本の自然塗料のパイオニア的存在であるアトリエ・ベルさんのクラフトオイルと蜜蝋や植物性のワックスで仕上げています。
e0072513_16425787.jpg

e0072513_16483655.jpg


ハシゴ掛け用の金具が撮影に間に合わず、違うタイプのうんていに取り付けていますが、登りハシゴをオプションで追加しています。
e0072513_16501099.jpg

可動式の登り棒に引っ掛けて使います。
e0072513_1650266.jpg


うんていベース無しタイプ
W1500×H1800× D870
転倒防止用の張り出し 片側用
nb1500_1800-4.gif
Hashigo-3.gif

ハシゴの丸棒 直径25mm
可動式の登り棒 直径20mm
登りハシゴ (直径28mm)

本体  87,200円

オプション

可動式の登り棒(直径20mm) 2本 8,600円

登りハシゴ 12,000円

合計  112,300円

東京23区内運送設置料金 4,500円(参考)

うんていにつきましてはこちらに情報をまとめてあります。
うんていをご検討中の方はぜひご参照ください。
e0072513_16525093.gif

e0072513_16532349.gif

by kotmk | 2012-06-26 16:57 | うんてい・ブレキエーション | Comments(0)

うんてい高さ可動タイプW1600×H1800×D1140

東京都のN様からご依頼いただいたうんていです。
e0072513_1611293.jpg

高さ可動タイプで、転倒防止用の張り出しは片側・両側兼用タイプです。
e0072513_16133086.jpg

高さ、幅ともに10cmの平均台をオプション追加しています。
平均台の取り付け取り外しにつきましてはこちらをご覧ください。
e0072513_1614237.jpg

高さ可動タイプの場合、取り外し可能な床板はオプションになります。
桟の上に針葉樹材の床板を乗せてあります。
取り外しやすいように指かけ穴を開けてあります。
e0072513_16151416.jpg

e0072513_16165080.jpg

可動式の登り棒は標準(28mm)より細い直径20mmのものを2本追加しています。
手に持っているのが標準の28mmのものです。
e0072513_16173760.jpg

e0072513_1619412.jpg

e0072513_16192626.jpg


うんてい高さ可動タイプW1600×H1800×D1140
転倒防止用の張り出し 片側・両側兼用
ハシゴの丸棒直径28mmで7本
可動式登り棒2本(直径20mm)
adj1600untei_H1800-2.gif

本体  106,000円

オプション
可動式の登り棒計2本 8,600円
取り外し可能な床板 7,750円
平均台 24,000円

合計  146,350円

東京23区内運送設置料金 4,500円(参考)

うんていにつきましてはこちらに情報をまとめてあります。
うんていをご検討中の方はぜひご参照ください。
e0072513_16254566.gif

by kotmk | 2012-06-26 16:29 | うんてい・ブレキエーション | Comments(0)

うんていベースなしタイプW1800×H1800×D1140

東京都のI様からご注文いただいた「ベースなしタイプうんてい」です。

ハシゴを低い位置に取り付ける時は補強材をハシゴの上に取り付けることもできます。
e0072513_14275838.jpg

転倒防止用の張り出しは片側・両側兼用タイプです。
この写真では片側用の位置に取り付けています。
張り出しの出ていない側は必ず壁などしっかりした面に付けて設置してください。
サッシやガラス窓などでは危険です。
e0072513_142936.jpg

可動式の登り棒を2本オプションで追加しています。
e0072513_14295551.jpg

「高さ可動タイプ」「ベースなしタイプ」は130mm間隔でハシゴの高さを調整することができます。
e0072513_14302720.jpg

e0072513_14305472.jpg

e0072513_14311545.jpg


うんていベースなしタイプW1800×H1800×D1140
転倒防止用の張り出し 片側・両側兼用
ハシゴの丸棒直径28で9本
可動式登り棒2本(直径28mm)
nb1800_1800-5.gif

本体  101,400円

オプション
可動式の登り棒計2本 8,600円

合計  110,000円

東京23区内運搬設置料  4,500円

うんていにつきましてはこちらに情報をまとめてあります。
うんていをご検討中の方はぜひご参照ください。
e0072513_14345212.gif

by kotmk | 2012-06-14 14:39 | うんてい・ブレキエーション | Comments(0)

うんていベースなしタイプW2100×H1800×D1140

川崎市のI様からご注文いただいた「ベースなしタイプうんてい」です。
標準的な太さの丸棒(直径28mm)を200mm間隔で10本取り付けています。
e0072513_14131018.jpg

転倒防止用の張り出しは片側・両側兼用タイプです。
e0072513_14135610.jpg

片側・両側兼用タイプでは取り付け用のボルト穴を真ん中と端の2ヶ所に取り付けられるように増やしています。
e0072513_14164842.jpg


可動式の登り棒を2本オプションで追加しいています。
e0072513_14143284.jpg


e0072513_14184076.jpg

e0072513_14185625.jpg


うんていベースなしタイプW2100×H1800×D1140
転倒防止用の張り出し 「片側両側兼用」
nb2100_1800-6.gif

本体  119,400円

オプション
可動式登棒2本  8,600円

合計  128,000円

運送・設置費(川崎市内)  4,000円

うんていにつきましてはこちらに情報をまとめてあります。
うんていをご検討中の方はぜひご参照ください。
e0072513_14214496.gif

by kotmk | 2012-06-14 14:23 | うんてい・ブレキエーション | Comments(0)

うんてい高さ固定タイプW1800×H1600×D820

鹿児島県のI様からご依頼いただいた高さ固定タイプのうんていです。
e0072513_13535212.jpg

写真では分かりにくいですが、横から見ると台形をしていてます。

転倒防止用の張り出しは片側用です。
e0072513_13545780.jpg

取り外し可能な床板は「高さ固定タイプ」の場合、標準で付属します。
この床板を外すことで実質ハシゴの丸棒までの高さを200mm高くすることができます。
e0072513_13553075.jpg

固定式の登り棒(オプション)片側に2本ずつ、計4本追加。
e0072513_13573731.jpg

e0072513_13582512.jpg


W1800×H1600×D820
転倒防止用の張り出し 片側用
untei1800_1600.gif

本体       93,300円

オプション
固定式登り棒4本追加  14,700円(1本あたり3,675円)

合計  108,000円

鹿児島県までの梱包送料  15,255円(参考)

うんていにつきましてはこちらに情報をまとめてあります。
うんていをご検討中の方はぜひご参照ください。
e0072513_13595382.gif

by kotmk | 2012-06-14 14:02 | うんてい・ブレキエーション | Comments(0)

ドイツ木工研修留学

「ドイツ木工研修留学」のHPがサーバーのサービス停止に伴い閲覧できない状態にありましたが、バックアップファイルから復元いたしました。

一部リンクが途切れていたり、情報が古い部分もありますので今後直していく予定です。
詳しくはメールでお問い合わせ、ご確認ください。

e0072513_13231427.jpg

ライプチヒ在住の家具マイスター クレメンス・ゲルステンベルガーさんの工房でドイツ式家具職人育成のコースを体験するというコースです。
今までどおりアートファニチャーギャラリーでご紹介しています。
e0072513_13274265.jpg

地元ライプチヒのマイスター学校で教師も務めているクレメンスさんが校長と交渉してマイスター学校の授業に一部参加することもできるようになりました。

現在、昨年10月からSさんという女性が1年間の研修を受けています。

「ドイツ木工研修留学」
by kotmk | 2012-06-14 13:33 | ドイツ木工留学 | Comments(0)