<   2011年 12月 ( 5 )   > この月の画像一覧

うんてい高さ可動タイプW1700×H1700×D1040床箱

宮城県のN様から御依頼いただいたうんていです。
e0072513_15302832.jpg

高さ可動タイプのうんていです。
よくいただくご質問で、「ベースなしタイプ」と「高さ可動タイプ」はどう違いますか?というものがあります。
「高さ可動タイプ」にはハシゴの下に箱形のベースパーツがあります。
「ベースなしタイプ」はその名前の通り、この箱形のベースパーツを無くして、補強材を追加したものになります。
どちらも130mm間隔で開けてあるボルト穴を利用してハシゴの高さを変えることができます。

転倒防止用の張り出しは「片側・両側兼用タイプ」です。
e0072513_15363634.jpg

うんていの一面を壁に付けて置くような場合は手前側だけ張り出しを出す「片側用」をお選びいただきます。
部屋の真ん中に置くような場合は「両側用」です。
「両側用」にボルト穴を追加して、端に寄せられるようにしたものが「片側・両側兼用」です。

安全のために選んでいただくものなので、節約のために省略されることのないようお値段はどれを選んでも変わりません。

この写真では説明のためにあえて両側、片側用に取り付けていますが、御使用になる時はどちらかに統一してください。
e0072513_1541269.jpg


e0072513_15433322.jpg

高さ可動タイプのうんていにはオプションで「取り外し可能な床板」を追加することができますが、このうんていの場合、「床箱」にしてあります。
通常の床箱は底板がありません。
床板(蓋)と箱は固定してあります。
e0072513_15451272.jpg


さらに床箱のうちの2つは大きめに作って底板をつけ、床板(蓋)を取り外すことが出来るようにしてあります。
おもちゃなどを収納することができます。
e0072513_1548783.jpg


e0072513_15483117.jpg


e0072513_15485938.jpg


No.1052
うんてい 高さ可動タイプ
W1700×H1700×D1040
adj1700_H1700-17.gif
片側、両側兼用
床箱追加

本体          104,667円

オプション

床箱×5個        15,000円

床収納箱×2個     12,000円

合計          131,667円

宮城県までの梱包送料 8,494円〈参考)

うんていにつきましてはこちらに情報をまとめてあります。
うんていをご検討中の方はぜひご参照ください。
e0072513_160513.gif

by kotmk | 2011-12-31 16:00 | うんてい・ブレキエーション | Comments(0)

うんていベースなしタイプW1800×H1800×D870ハシゴの丸棒直径25mm

東京都のK様からご注文いただいたうんていです。
e0072513_17415945.jpg


e0072513_17415945.jpg

ハシゴの丸棒は直径25mmのものを150mm間隔で11本取り付けてあります。
e0072513_17435291.jpg


丸棒の間隔は通常およそ200mm間隔に取り付けます。
間隔が狭くなったり広くなったりすると取り付ける本数が増減しますので、その分料金も増減します。
e0072513_17474156.jpg


オプションでたかさ100mm、幅100mmの平均台を追加しています。
e0072513_1748311.jpg

金具を使って取り付けます。
平均台の取り付け方について

うんていベースなしタイプW1800×H1800×D870
転倒防止用の張り出し 片側用
ハシゴの丸棒直径25mmを150mm間隔で11本
可動式登り棒4本(28mm)
平均台(高さ100mm幅100mm)
nb1800_1800-18.gif

本体  101,400円

オプション
丸棒2本追加  7,350円
可動式の登り棒計4本 17,200円
平均台  24,000円
小計  149,950円

八王子市までの梱包送料  5,754円〈参考)

うんていにつきましてはこちらに情報をまとめてあります。
うんていをご検討中の方はぜひご参照ください。
e0072513_1754841.gif

by kotmk | 2011-12-19 17:52 | うんてい・ブレキエーション | Comments(0)

うんていベースなしタイプW1800×H1700×D820

静岡県のF様からご依頼いただいたうんていです。
e0072513_1773020.jpg


e0072513_1791653.jpg

ハシゴの丸棒は直径25mmのものを200mm間隔で8本取り付けてあります。
e0072513_1711498.jpg


可動式の登り棒(ぶら下がり練習用)は直径15mmと
e0072513_1712305.jpg


直径12mmのものを追加しています。
e0072513_1713731.jpg


丸棒の直径につきまして

あるお客様から教わった情報によりますと次のような目安があるそうです。

1) 6~18ヶ月(お子様の月齢)
・横棒の直径 12mm
・横棒の間隔 100mm
・高さ 赤ちゃんの手の届く高さ、または母親の背丈

2) 18~36ヶ月
・横棒の直径 18mm
・横棒の間隔 150mm
・高さ 母親の背丈

3) 36ヶ月以上
・横棒の直径 25mm
・横棒の間隔 300mm
・高さ ぶら下がったときの子供の手からつま先までの高さに100mm加えたもの

以上の目安は設計について考える一例と思います。
今までに200台近くのうんていを作ってきましたが、一般的に月齢と言っても個人差が大きいので、お子さん一人一人の状況に合わせて、またご兄弟の使用や、何歳頃まで遊ばせたいかといったイメージからサイズや仕様を考える方が多いようです。

アートファニチャーギャラリーでは標準的に直径28mmの丸棒を使っています。
静止耐荷重などの実験は直径28mmのうんていを使って行っております。

直径25mm、20mm、18mmなどの御希望をいただいて制作する場合もございます。
一般に木材のせん断強度は断面積に比例しますので、直径の小さいものは強度が低くなります。

標準の直径28mmの時の強度を100とすると、およそ次のようになります。
直径25mmの場合 64
直径20mmの場合 51
直径18mmの場合 36
(外見の直径より数mm小さい丸ホゾ部分の直径で計算しています。計算上の値ですので目安としてご参考になさってください。)

細い丸棒を御使用なさる方はお子様の成長の様子、遊び方の変化をよく観察して、必要が無くなったら取り外してください。

e0072513_17172712.jpg


うんていベースなしタイプW1800×H1700×D820
転倒防止用の張り出し 片側用
ハシゴの丸棒直径25mm
可動式登り棒1本(12mm)+可動式登り棒1本(15mm)
nb1800_1700-5.gif

本体  95,000円

オプション
可動式の登り棒計2本 8,600円

小計  103,600円

静岡県までの梱包送料  7,234円

うんていにつきましてはこちらに情報をまとめてあります。
うんていをご検討中の方はぜひご参照ください。
e0072513_17185534.gif

by kotmk | 2011-12-19 17:19 | うんてい・ブレキエーション | Comments(0)

うんていベース無しタイプ W1800×H1800×D870

神奈川県のA様から御注文いただいたうんていです。
e0072513_1653268.jpg


可動式の登り棒を2本追加しています。
e0072513_16542862.jpg


1本は標準の直径28mm、もう一本はぶら下がり練習用に直径20mmのものです。
e0072513_16551865.jpg

直径の細いものは強度が弱くなりますので、お子様の成長の様子、遊び方の変化をよく観察して、必要が無ければ取り外してください。

e0072513_16563468.jpg

暖房を使うようになりますと、木材が乾燥して収縮し、ボルトが緩むことがあります。
緩みが無いか時々チェックして、緩んでいたら付属の六角レンチ2本を使って増し締めしてください。

e0072513_1714261.jpg


うんてい ベース無しタイプ
W1800×H1800×D870
転倒防止用の張り出し 片側用
nb1800*1800-4.gif

本体  101,400円

オプション

可動式登り棒 2本(1本は直径20mm)  8,600円

小計  110,000円

川崎市内納品設置料  3,000円(ご参考)

うんていにつきましてはこちらに情報をまとめてあります。
うんていをご検討中の方はぜひご参照ください。
e0072513_17417.gif

by kotmk | 2011-12-19 17:03 | うんてい・ブレキエーション | Comments(0)

セカンドハンドW1200×D900×H700テーブル2台ラダーバックチェア8脚

セカンドハンドのテーブル、ラダーバックチェアのご紹介です。

テーブルは2001年9月に製作したもので、W1200×D900×H700、天板は厚めの30mm。
単体でもお譲りしますが、2台並べると写真でわかりますように木目がつながっています。
e0072513_11214358.jpg


都内のオフィスでミーティング用に使われていたため、状態は良い方だと思います。
e0072513_11212917.jpg


ラダーバックチェアは2003年9月に製作したもので、現在作っている物とちがって座面はフラットで幅がテーブルに収まるよう若干小さい410mmにしてあります。
e0072513_11384681.jpg

座面高は415mmです。
e0072513_11385941.jpg


いずれもクリーニング後にワックスメンテナンスしてお引き渡しします。

テーブル W1200×D900×H700 天板厚30mm
新しくご注文いただいて製作した場合140,000円になりますが、今回は84,000円(1台)でお譲りします。
木目がつながるので、できれば2台まとめてお譲りしたいのですが、その場合はお値引きさせていただきますのでご相談ください。

ラダーバックチェア(旧タイプ)は1脚30,000円のところ、18,000円です。
8脚あります。

23区内、川崎市内の場合、運搬料3,000円です。
それ以外へはご相談ください。
by kotmk | 2011-12-15 11:55 | セカンドハンド | Comments(3)