<   2008年 01月 ( 7 )   > この月の画像一覧

コンソールテーブル・引き出し

【作品・カタログ】
H様からご注文いただいていたコンソールテーブルと引き出しが完成しました。
e0072513_2227394.jpg

置く場所にあわせて幅1500mm、奥行きは300mm、高さ780mmで作りました。
e0072513_22274880.jpg

奥行があまりとれないので幅は広めに引き出しを作りました。
e0072513_22281637.jpg

引き出しキャビネットにはキャスターをつけて可動式にしました。
e0072513_22284868.jpg

e0072513_2229155.jpg

キャスターも木製のものを使いました。
e0072513_22294469.jpg

テーブル 66,000円
キャスター付き引き出し 86,000円
いずれも税込み、送料別途の価格です。
by kotmk | 2008-01-31 22:30 | テーブル・机 | Comments(1)

コンソールテーブル、引出し製作中

W1500×D300×H750のコンソールテーブルとその下に収まるキャスター付き引出しを製作中です。
e0072513_943452.jpg

置く場所の都合で奥行が小さくて、既製品に良いものがなかったそうなのでご注文をいただきました。
天板の下に引き出しが1ハイ付きます。
e0072513_9441195.jpg

引き出しの表板などのパーツはすでにオイル塗装中です。
今の時期、工房の温度は6度から10度程度、オイルの乾燥が遅くなるのが悩みです。
e0072513_9443256.jpg

キャスター付き引出しもテーブルの下に収まるようにするため奥行がかなりせまくなっているので出来るだけ実効内寸を大きく取るために昔ながらの木の引き出しレールを使います。
e0072513_9445887.jpg

取手も同じ樺材で作りました。
e0072513_9451783.jpg

引き出しは桐の集成材をアリ組みしています。
by kotmk | 2008-01-27 09:47 | 工房 | Comments(1)

ラダーバックチェア(小)・収納スツール

【作品・カタログ】
T様よりご注文いただいていたラダーバックチェアと収納スツールが完成しました。

ラダーバックチェアは通常のものより背を低くして背あたりの横木を一本減らしました。
e0072513_8312157.jpg

部屋の広さに対して圧迫感がないようにというご注文でしたが、作ってみるとおさまりの良い、使いやすそうなサイズになりました。
e0072513_8355837.jpg

座面には掘り込みをして座りやすくしてあります。
e0072513_8363922.jpg


収納スツールは、早い話が椅子の座面高くらいの高さの小さなキャビネットで、中にはA4サイズのファイルが入るスペースがあります。
e0072513_840745.jpg

扉は内部のスペースをかせいで、180度開くように昔ながらの真鍮の合わせ丁番を使っています。
e0072513_845834.jpg

e0072513_8425397.jpg

ツマミはウォールナット材で、それ以外はすべて北海道産の樺総無垢材です。

ラダーバックチェアと並べてみると小ささがよくわかります。
e0072513_8462617.jpg


ラダーバックチェア(小) W450×D480×H950×座面高410 
42,000円

収納スツール       W350×D350×H410
             36,000円
by kotmk | 2008-01-22 08:52 | 椅子 | Comments(1)

ドイツ木工留学~2007年短期研修旅行(2)

アートファニチャーギャラリーがご紹介しているドイツ木工研修留学のHPをご覧になってお問い合わせをいただいたOさんが、2007年夏に10日間の研修旅行をされてきました。

第2回目はライプチヒの家具マイスタークレメンス・ゲルステンベルガーさんの工房から。

製作中のドアフレームでしょうか。
e0072513_9401330.jpg

ノミやカッターの刃などは壁面に整理して収納。
e0072513_9412247.jpg

e0072513_9471452.jpg

見学後は日本からの研修留学生もまじえてビアパーティー。
「Underbergという胃薬??に出会う」とコメントがありましたが、そんなに飲んだのでしょうか・・・?
e0072513_9515148.jpg


この後はヴァイマール~ドレスデン~ベルリンとまわられています。
e0072513_9533515.jpg
e0072513_954228.jpg

e0072513_9544017.jpg

e0072513_955454.jpg

e0072513_9562051.jpg

e0072513_95704.jpg

ドレスデンのクンストホーフパッサージュ。
靴下は洗濯済みのものであることを願います。
e0072513_1033792.jpg

タバコのパッケージの絵を地面に書いています。
「喫煙は死をもたらす」
e0072513_104372.jpg

ノミの市でしょうか。
大量のドアノブ!
e0072513_1042553.jpg


Oさん、写真とコメントありがとうございました。
ちなみに10日間で費用は旅費、現地費用を含めて約35万円、クレメンスさんへの謝礼は100ユーロだったそうです。
ホテルと長距離列車の手配は旅行会社に依頼したそうです。
by kotmk | 2008-01-18 09:50 | ドイツ木工留学 | Comments(0)

ドイツ木工留学~2007年短期研修旅行(1)

アートファニチャーギャラリーがご紹介しているドイツ木工研修留学のHPをご覧になってお問い合わせをいただいたOさんが、2007年夏に10日間の研修旅行をされてきました。
日本からアムステルダム経由でベルリンに行き、電車移動でライプチヒへ。
ライプチヒでは家具マイスターのクレメンス・ゲルステンベルガーさんの案内でシステムキッチンや家具金物のショールームを見学、ゲルステンベルガーさんの工房を見学しました。

それからヴァイマール~ドレスデン~ベルリンとまわって帰国されました。
写真とレポートを送っていただいたので何回かに分けてご紹介させていただきます。

ポーゲンポール社のショールーム。
e0072513_940135.jpg

皿の収納。
e0072513_9403383.jpg

ワインオープナーが天板に造りつけてあります。
e0072513_9405256.jpg


こちらは金物メーカーのWURTH社の展示。
e0072513_9455568.jpg

ネジやネジを隠すためのキャップにもいろいろ種類があります。
e0072513_946166.jpg

e0072513_9463249.jpg

案内をしてくれたマイスター、ゲルステンベルガーさん。
e0072513_956318.jpg

(つづく)
by kotmk | 2008-01-11 07:15 | ドイツ木工留学 | Comments(3)

初仕事

今年の初仕事は暮れからとりかかっている磯子のT様からのご注文で変形ラダーバックチェアと収納付スツールです。
e0072513_1122945.jpg

ラダーバックチェアはあまり背が高いと圧迫感があるということで、横木を一本減らして背を低く作ります。
冬場は自然塗料のオイルの乾燥が遅くなるため、座板やはめ板などオイル塗装の回数をかせいでおきたいところを先に仕上げて塗り始めます。
e0072513_11103475.jpg

e0072513_11105569.jpg

実は去年の初仕事もT様のご注文でした。
by kotmk | 2008-01-06 11:12 | 工房 | Comments(3)

うんてい1800

あけましておめでとうございます!
【うんてい・遊具】
「エリフク」様からご注文をいただいていた家庭用、室内用木製うんていが完成しました。

e0072513_1026129.jpg

パーツを組み上げ自然塗料を使ったオイルワックス仕上げをしています。
e0072513_10263422.jpg

温度が低かったので乾燥に時間がかかりました。
e0072513_10265623.jpg

底面の横幅が1800mm、上の梯子部分の横幅は1480mm、直径28mm のヨー ロピアンビーチ材の丸棒が200mm間隔に8本取り付けてあります。
梯子の丸棒の内寸が450mm、最大奥行きは588mmです。
梯子部分の上面の高さが床から1500mmで、底面に踏み板を取り付けた場合 は踏 み板から1300mmとなります。
底面、梯子部分、支柱部分は北海道産の樺無垢材を使用しています。

e0072513_102848.jpg

e0072513_10282898.jpg

お子さんが登るための横棒を4本追加しました。
安全性と強度に問題がなければさまざまなご要望に応じて特注ができます。
e0072513_10285340.jpg

SPF材製の踏み板。
取り外せばうんていまでの高さが200mm高くなります。
e0072513_10291749.jpg

e0072513_1029445.jpg

本体89,000円+登り棒3,675円×4本で合計103,700円(税込み・送料別 燃料代の高騰にともないまして、送料が値上がりした上、毎月変動しております。送料はその都度お見積もりさせていただいております。)
このうんていをご注文いただいた「エリフク」様が、ご自身のHPとブログに紹介してくださいました。
ありがとうございます!
こちらでご覧ください。
by kotmk | 2008-01-01 10:35 | うんてい・ブレキエーション | Comments(1)