<   2007年 12月 ( 4 )   > この月の画像一覧

川口の大黒柱(5)

【川口の大黒柱】
テーブルと椅子4脚が完成しました。
e0072513_10145081.jpg

テーブルの天板は神棚と床の間に使われていた欅の一枚板を2枚はぎ合わせて1500mm×850mmに仕上げました。
実はこの2枚は厚さが数mm違っていたので脚の方に段差を付けて合せました。
せっかく40mm以上ある一枚板を同じ厚みにするために削ってしまうのはしのびなかったので。
e0072513_10183152.jpg

欅の表面はなるべく70年間かかってできあがってきた風合いを生かして仕上げました。
e0072513_102017.jpg

大黒柱から作った105mm角の脚には建物だった時の記憶を残すためにホゾ穴や仕口の跡を残して仕上げました。
e0072513_10221216.jpg


椅子の背の棒や脚には大黒柱の残りの欅で作りました。
e0072513_10234169.jpg

座板には建物の梁に使われていた杉材を使いました。
3500mm×450mm×150mmもある大きな材だったので3枚に割いて座板にしました。
欅に比べると針葉樹である分、柔らかく暖かみがあります。
やはりホゾや仕口の痕跡を残しています。
e0072513_1029566.jpg

背の横棒は大黒柱の残りを使って湾曲をつけて削りました。
e0072513_10315710.jpg

梁の表面もなるべく70年間の風合いを残しましたが、「3枚におろして」いるため、1脚だけ材の内側のきれいな面になりました。
e0072513_1034048.jpg

今回この仕事で古い材を割いてみて驚いたのは、材の内側はこれだけ何十年の月日を経ていてもまだまだ「生っぽい」ということでした。
切った時の木の香りや触った時のヤニのペタつく感覚は真新しい木を切ったときとそう変わりませんでした。
一説に木は300年間は強度を増し続けるという話がありますが、この建物の場合はまだまだ強度を増し続ける途中だったのでしょうか。
家具にリフォームすることでさらに生きながらえることができたのだと思いたいです。
e0072513_10313028.jpg

by kotmk | 2007-12-23 10:41 | 川口の大黒柱 | Comments(2)

SAKURAIさん 最近の作品

アートファニチャーギャラリーがご紹介しているドイツ木工研修留学の第1期生のSAKURAIさんから最近の作品の写真が送られてきました。
e0072513_7221370.jpg

編み込みの座面のスツールです。
スツールの形や編み込みのやりかたで何種類かあります。
e0072513_7454875.jpg

e0072513_724956.jpg

和菓子作りのイベントで使ってもらったそうです。
e0072513_7353245.jpg

e0072513_7374776.jpg

会場にはアートファニチャーギャラリーの家具もありました。
たまたまお友達が持っていらしたものだそうです。
e0072513_7442014.jpg

e0072513_742572.jpg

ロシアからのお客さんがお茶を楽しまれました。
by kotmk | 2007-12-22 07:45 | ドイツ木工留学 | Comments(1)

川口の大黒柱(4)

【川口の大黒柱】
神棚や床の間に使われていた欅の一枚板をはぎ合わせてテーブルの天板として使います。
e0072513_7184943.jpg

欅の板は厚さ40mm、幅500mmほどもある立派な一枚板で、昭和初期に建てられた建築の一部だったので、アリ溝などの加工は手作業でされていました。
e0072513_73442.jpg

e0072513_724368.jpg

端の割れや解体作業中についた傷を切り落として接合面を整えます。
切り落とした部分は天板を支える幕板として使用します。
ラメロをいれてクランプで圧締します。
e0072513_7263326.jpg

大黒柱から切り出した110mm角材で足を作ります。
e0072513_7321469.jpg

by kotmk | 2007-12-15 06:14 | 川口の大黒柱 | Comments(0)

レンタル工房作品

【レンタル工房】
以前レンタル工房を利用されたお客様から作品の写真を送っていただきました。

8月の暑い工房でビンテージスピーカーに塗られたペンキを剝してきれいに塗装しなおしたK様の作品です。
e0072513_1035556.jpg

この時代のスピーカーは電磁石を使っているため電源が必要なのだそうです。
バランスよく鳴らすためにかなり試行錯誤をされたそうで、まだ改良の余地もあるそうですが、SPレコードの音色を楽しんでいらっしゃるとのことでした。

こちらは計画段階からは半年以上、間口2.1m×高さ1.4mの大作、ガレージ門扉を製作されたI様の作品です。
e0072513_10182125.jpg

取り付けには苦労されたようで、金具の部分を溶接しなおしたりしながらおこなったそうです。
e0072513_10195282.jpg

e0072513_10203212.jpg

e0072513_102054100.jpg

正面から向かって右側の小さい扉は今回製作を見送った古い扉で、並べて見ると見劣りしてしまうので、製作をせかされているとのことです。
e0072513_10233482.jpg


レンタル工房についての詳細はこちらをご覧ください。
by kotmk | 2007-12-09 08:13 | レンタル工房 | Comments(0)