<   2007年 10月 ( 4 )   > この月の画像一覧

天板のシミ抜き(2)

【工房】
「真打」シュウ酸が手に入ったので天板の染み抜き実験をしてみました。
e0072513_7582532.jpg

一晩おいて念入りにつけた天板のシミに5%のシュウ酸溶液をかけました。
e0072513_7595581.jpg

2時間ほどで完全に染みは消えてしまいました。
e0072513_803878.jpg

効果はてきめんですが、ラベルには白地に赤く「医薬用外劇物」と表記されています。
ホウレン草にも含まれている成分ですが、致死量15g~30gという危険な薬物です。
by kotmk | 2007-10-28 08:08 | 工房 | Comments(0)

天板の輪染み

【工房】

先日テーブルを納品させていただいたお客様から天板に輪染みができてしまったというご連絡をいただきました。
アートファニチャーギャラリーでは樺の無垢材の天板をオイルとワックスで仕上げしています。
ウレタン塗料などに比べると塗膜が弱いため、水や油が染みてしまうことがありますが、このお客様の場合は南部鉄の食器をご使用していたそうで、天板に黒い染みができてしまったとのことでした。
これは水に溶けだした鉄の成分が木材の中のタンニンと結びついて発色したものと思われます。
染色の世界で言われる鉄媒染と同じメカニズムで起こる現象だと思います。
この対処法を研究するためにテスト用の樺材無垢板をオイル仕上げしたものに同じような染みを作ってみました。
手製クランプのストッパーとして使っている5mm厚の鉄のフラットバーです。
黒皮と呼ばれる酸化被膜を取るためにサンダーをかけてあります。
e0072513_0281588.jpg

水道水に浸して天板の上に置きます。
e0072513_028598.jpg

鉄以外の金属も試してみるために銅製のヤカンや硬貨、鍵なども同様に水に浸して置いておきました。
e0072513_0304264.jpg

e0072513_0305686.jpg

e0072513_0311625.jpg

4時間ほど経過したところ、鉄製のフラットバーを置いた部分は品物の形どおりに黒いシミができました。
e0072513_0323543.jpg

ほかの金属製のヤカンや硬貨、鍵のところには特に変化は見られませんでした。

このシミの対処法についてはいろいろと調べてみたところシュウ酸の水溶液が効果ありそうということで、薬局に注文したのですが、毒物なので取り扱いが面倒です。
あるウェブサイトでタンニン染めをした革製品にレモン汁がついて脱色されてしまったという記述を見かけてレモン汁を試してみることにしました。
これなら毒性はないし家庭でも入手できます。
e0072513_041945.jpg

3時間後。
e0072513_0422914.jpg

レモン汁の付いた部分の染みは見事に消えてなくなりました。
家具の染み抜きについての事例はほとんどネット上に紹介されていないので参考にしていただければと思います。
他にももし良い方法をご存知の方がいらしたら、ぜひ教えていただければと思います。
by kotmk | 2007-10-26 00:51 | 工房 | Comments(0)

スピーカーボックス

今回レンタル工房を利用してスピーカーボックスを自作されたK様は、フィンランドバーチの24mm厚ベニヤを材木屋さんにカットしてもらってからアートファニチャーギャラリーの工房に持ち込まれました。
ここでは留(板の端を45度に切って角をつなぎ合わせる)加工とラメロジョイント加工、スピーカーを取り付ける穴の微調整、各種補強材のカット、全体の組み立てを1日でされました。

軸傾斜昇降盤を使って45度に切り、ラメロジョインターでチップを入れる溝を掘ります。
e0072513_649237.jpg

バッフル板をはめ込む溝を掘ります。
e0072513_6485796.jpg

e0072513_6511060.jpg

バッフル板の穴加工は材木屋さんでやってもらったそうです。
若干の微調整が必要でした。
e0072513_6494334.jpg

組み上げにはベルトを使いました。
e0072513_650674.jpg

ウファーのユニットは30年ほど前のJBLのスピーカーをレストアしたものだそうです。
当時のものよりコーン紙を軽くしているため機動性の良い低音が出るそうです。
e0072513_6504579.jpg

by kotmk | 2007-10-21 06:52 | レンタル工房 | Comments(0)

セカンドハンドテーブル 天板削りなおし

以前ご紹介していたセカンドハンドのテーブルに買い手がつきました。
e0072513_2264436.jpg

e0072513_2210103.jpg

12年前に制作した作品で、さすがに輪染みや傷が目立っていたので天板を削りなおすことにしました。
e0072513_2210558.jpg

e0072513_22111944.jpg

2枚目の写真で輪染みのあった部分です。
e0072513_22114047.jpg

e0072513_2212058.jpg

0.1mm程も削るときれいな素地が出てきます。
e0072513_75561.jpg

無垢材の天板ならではのことです。
e0072513_761717.jpg

アトリエベルのオイルとワックスで仕上げました。
by kotmk | 2007-10-08 22:13 | セカンドハンド | Comments(0)