<   2006年 05月 ( 13 )   > この月の画像一覧

組み立て 塗装 佳境

先日から取りかかっているAVボード、デスク、ローテーブル、ラダーバックチェアを次々と組み立てて塗装しています。

e0072513_6322518.jpg


オイルを重ねる回数をかせぐために先に塗装をし始めた天板も良い感じに仕上がってきました。
e0072513_6332829.jpg


デスクとローテーブルは場所を節約するための積み上げて乾燥。
e0072513_6342876.jpg

デスクはケーブル類をかくすために前面がパネルになっています。

今月末が会社の決算申告の期限なので連日宵の口まで作業、その後音の出ない塗装作業、その後深夜まで決算作業をしていたら・・・風邪をひいてしまいました。
by kotmk | 2006-05-30 06:41 | 工房 | Comments(0)

セカンドハンド

オーバルバックチェアのセカンドハンド三点ご紹介。
e0072513_6184982.jpg


座面高440mm×W430mm 2脚
座面高400mm×W380mm 1脚

座面高は足を切って下げることが可能です。

e0072513_622113.jpg

幅広の方は美容院で使われていたもので、それなりに使用感があります。
塗装は当時使っていたウレタン系のものです。

e0072513_623094.jpg

10年以上前に作った作品の特徴、バンドソー(帯ノコ盤)で削った跡を残す荒々しい仕上げ。

e0072513_625438.jpg

幅狭の方は個人の方が使っていました。
塗装は業務用でないのでオイルワックス仕上げでした。
by kotmk | 2006-05-26 06:28 | セカンドハンド | Comments(1)

AVボード 引き出しつきデスク ラダーバックチェア

天板類は先に仕上げて塗装中。
他の部材の寸法加工も終了。
あとはシェイプしてサンディング、組み立てへ。
e0072513_7452942.jpg


AVボードの箱部分は組み上げて塗装し始める。
電気製品を収納するのは無垢材の家具にとっては過酷。
長時間電気製品の出す熱にさらされる恐れがあるので、できるだけ風通しを良くして、天板の裏側を厚く塗装する必要があります。
e0072513_749289.jpg

by kotmk | 2006-05-25 07:49 | 工房 | Comments(0)

こねこ椅子補修 カウンターチェア テーブル天板

傷がついたこねこ椅子を補修。
e0072513_723749.jpg

へこんだところに濡れた布をあててアイロンでジュッ!
こうするとへこんでいた木の繊維が蒸気で蒸しだされて元に戻ります。
完全には戻らなくてもペーパーでまわりとなじませてオイル、ワックスで仕上げるとほとんど目だたなくなります。
ちなみにこれくらいのことなら無料でやります。
ただし送料はご負担ねがいます。

e0072513_73884.jpg

先日納めたカウンターチェアが座りにくいとご指摘いただき、フットレストを取り付ける事にしました。
打ち合わせのときに目の前にあったのが同じ構造のサイドテーブルだったので、フットレストのことはうっかり忘れていました。
納品のとき、お子さんがカウンターチェアによじ登るのが大変そうだったので、つけたほうが良かったかなと思いました。
大人と子どもの足の位置を測ってその中間あたり、270mmのところに。
こちらは私の不注意だったので送料も無料です。

写真にあるクレーンのような形の道具はトースカンと呼ばれる高さを測ったり印をつける道具です。
名前の由来は謎だそうです。

1000×650のデスク天板、900×500のローテーブル天板は例によって先に仕上げてオイル塗装の回数をかせぎます。
e0072513_732426.jpg

by kotmk | 2006-05-23 07:03 | 工房 | Comments(0)

引き出しつきテーブル

引き出しつきのテーブルを作るときはマク板と呼ばれる部材を取るときに引き出しの表板になる部分を切り出しておいて、後から残りのパーツを接着します。

e0072513_8463849.jpg


こうすることで出来上がったときにマク板と引き出しの表板の木目がつながって見えます。

e0072513_8475562.jpg


ひと手間多くかかり、ノリの乾燥時間を待たなければなりませんが、こういった小技の積み重ねが作品全体の品格につながります。
by kotmk | 2006-05-21 08:53 | 工房 | Comments(0)

完成~焼印 通し番号

先日から取りかかっていたテーブルとベンチが完成。
最後の作業はブランドマークの焼印押しと通し番号の打刻です。

焼印は特注で作った電気ゴテで押します。
e0072513_6145065.jpg


電源を入れてから温まって使用できる状態になるまで10分くらいかかります。
他の仕事をしたりして置き忘れると、熱くなりすぎて一瞬にして焦げてしまいます。
頃合いが難しい。

e0072513_6174489.jpg

打刻は市販のダイスを使って打刻します。

今回はテーブルが584番、ベンチが585番です。
e0072513_6193414.jpg


通し番号はやろうと思いたった2002年から打ち始めているので、「0」番の前には「無印無番」、「焼印のみ」の作品が数百あります。
by kotmk | 2006-05-20 06:25 | 工房 | Comments(0)

テーブル ベンチ 次の仕事

前から取り掛かっているテーブルとベンチは塗装作業も最終段階。
e0072513_640695.jpg

様子を見てあと1~2回オイルを塗ってワックスをかけたら天板を組みつけて完成です。

次にご注文をいただいている仕事は、W1000×D650×H700引き出しつきのデスク、W900×D450×H350のローテーブル、AVラック、ラダーバックチェアです。
e0072513_6425154.jpg

天板類の材料荒取りとシーズニング進行中。

デスクにはPCのケーブル類をかくすために前面の足の間にパネルがつきます。
by kotmk | 2006-05-18 06:45 | 工房 | Comments(0)

こねこ椅子 大ネコ椅子

「二人展」でもご好評いただいておりましたこねこ椅子、大ネコ椅子ですが、現在こねこ椅子は在庫を切らせております。
大ネコ椅子も残り一脚という状況です。

e0072513_61634.jpg


一脚ずつ手作業で作っているものなので、はっきりした納期のお約束もできませんが、ご希望の方はメールや電話で御問い合わせください。

http://www.mikikota.net/Furniture/NekoisuTuhan.html
by kotmk | 2006-05-17 06:18 | 工房 | Comments(1)

テーブル ベンチ

天板はオイル塗装続行中。

足も組み上げて一回目のオイル塗装をする。

今日から九州出張で数日間工房に出られません。
塗装の途中で間を開けるとオイルがかっちり固まって良い感じになります。
e0072513_6113189.jpg

e0072513_6114324.jpg

by kotmk | 2006-05-12 06:11 | 工房 | Comments(0)

1400×850 厚約30mmテーブル天板 ベンチ座板

いつものようにテーブルの天板やベンチの座板はひと足先に仕上げて、オイル塗装の回数をかせぎます。
1400×850 厚さは34mm材を使用して仕上がりはおよそ30mm。
ダイニングテーブルの天板になります。
e0072513_6234935.jpg


そのダイニングテーブルの足の間に収まるベンチの座板。
1170×400 厚さは27mm材を使っておよそ23mm仕上がり。
「テーブルの足の間に収まる」という条件でえらく半端な寸法になっていますが、これがオーダー家具の良いところです。
e0072513_627765.jpg


テーブル、ベンチの足もシェイプを終えてサンディングの行程へ。
e0072513_628425.jpg

by kotmk | 2006-05-11 06:28 | 工房 | Comments(0)