カテゴリ:海外レポート( 17 )

ドイツのクリスマス5

26日はクレメンスさんの家具マイスター仲間・ビレッツさんのお宅に朝食に招かれました。
e0072513_18432253.jpg

ドイツのクリスマスは親戚や親しい友人を朝食に招いたり、お茶に招かれたり、夕食に呼ばれたりするようです。
お店はみんな閉まっていて、ちょうど昔の日本のお正月みたいな感じで、そういえば元旦にはどこにお年始に行って、二日にはどの親戚がお年始にやってきて・・・みたいな私の子供のころのお正月を思い出しました。
e0072513_18433963.jpg

ビレッツさんの家にはかわいらしい木のおもちゃがたくさん飾ってありました。
e0072513_18435258.jpg

ドイツのクリスマスソングやバッハのクリスマスオラトリオのアリアを合奏しました。
e0072513_1844579.jpg


28日に無事帰国しました。
by kotmk | 2009-12-30 18:57 | 海外レポート | Comments(0)

ドイツのクリスマス4

25日は少し早めにトーマス教会に向かいました。
e0072513_1764381.jpg

クリスマスのミサが開かれます。
式典中は撮影をしませんでした。
席に着いていると2階からゲヴァントハウスのメンバーたちのチューニングの音が聞こえます。
定時にベルがチーンと鳴るとトーマス合唱隊の少年たちが入場してきました。
式典に沿ってさまざまな曲を演奏していきました。
e0072513_1773965.jpg

最初にメンデルスゾーン(彼もライプチヒで活躍した)のコラール曲。
司祭(プロテスタントの場合そういうのか?)の祈りとオーケストラの演奏、オルガンの伴奏で参列者全員が歌い、そこにトーマス合唱隊の対旋律が重なっていく、そしてまた祈り・・・と続いていきました。
終了後、地元の人たちが知合いをみつけては「フローエ ヴァイナハテン!」と挨拶していました。
e0072513_1775952.jpg

家に帰ってお昼にクリスマスの伝統料理をいただきました。
ガンス(ガチョウ)にリンゴとヨモギで風味をつけたロースト、ジャガイモで作ったお餅のダンゴのようなクネーデル、紫キャベツのザワークラウト。
e0072513_1781730.jpg

食後に消化を良くするという薬酒をもらう。
e0072513_1783465.jpg

アニスの香りでアルコール分44パーセント。
一気に飲むのが流儀だそうです。
by kotmk | 2009-12-27 17:10 | 海外レポート | Comments(0)

ドイツのクリスマス3

24日は地元の教会で子供たちが演じるキリスト生誕の劇を見ました。
小さな教会でしたがライプチヒで一番古い教会だそうです。
e0072513_12215141.jpg

杖を持っているのがヨゼフで青い服を着た髪の長い少女がマリアだそうです。
e0072513_1222229.jpg

他は羊飼いたち。
e0072513_12225435.jpg

教会のパイプオルガン。
e0072513_1223259.jpg

隣町のドレスデンのオルガンビルダーの作品です。
e0072513_1224391.jpg

教会は満員状態です。
e0072513_12245134.jpg

夕方家に帰ってシュトーレンをいただきました。
e0072513_12255111.jpg

きれいに飾りつけたクリスマスツリーの下にはプレゼント。
e0072513_12272536.jpg

子供たちはプレゼントに夢中です。
e0072513_12275780.jpg

夜中になってもう一度教会に行きました。
教会の前ではグリューヴァインをふるまっていて暖まりました。
e0072513_12284655.jpg

今度はハイスクールくらいの子供たちが創作劇を演じていました。
e0072513_12293083.jpg

by kotmk | 2009-12-27 12:29 | 海外レポート | Comments(0)

ドイツのクリスマス2

23日は買い物が済んでからクリスマスの飾り付けをしました。
ロウソクの熱で回る木のおもちゃ。
e0072513_23251692.jpg

リースのようなロウソクの台。
e0072513_23254314.jpg

本物のロウソクでクリスマスツリーを飾ります。
e0072513_2326778.jpg

天使のオーナメント。
e0072513_23262944.jpg

バイオリンを弾く天使のオーナメント。
e0072513_2326543.jpg

木製の電飾つきの置物。
杖を持っているのはヨゼフか。
e0072513_23271751.jpg

小さなクリスマスツリー。
e0072513_23274469.jpg

手に乗るくらい小さかったです。
e0072513_232869.jpg

by kotmk | 2009-12-26 23:34 | 海外レポート | Comments(0)

ドイツのクリスマス

寒波や大雪の心配もありましたが、無事にドイツ東部にあるライプチヒに着きました。
お世話になる家具マイスター クレメンス・ゲルステンベルガーさんの家のベランダから見える雪景色。
e0072513_18584363.jpg

通りも雪が積もっています。
e0072513_18592111.jpg

連れて行ってもらったバイオリンマイスターのフランケさんの工房でチェロを試奏させてもらいました。
e0072513_1904840.jpg

フランケさんの工房の窓からはバッハが活躍した聖トーマス教会が見えます。
e0072513_1914595.jpg

e0072513_1924825.jpg

聖トーマス教会の前のバッハ像。
e0072513_1932573.jpg

バッハのお墓。
e0072513_1935170.jpg

するとクリスマスオラトリオの練習が始まりました。
昔、バッハもその職にあったトーマスカントール(聖トーマス教会の合唱指揮者兼音楽監督)の指揮によるゲヴァントハウス管弦楽団のメンバーとトーマス教会の合唱団による演奏です。
e0072513_1945762.jpg

町のオーガニックのパン屋さんではクリスマス名物のシュトーレンを1kg10ユーロで量り売りしていました。
e0072513_196977.jpg

by kotmk | 2009-12-24 19:15 | 海外レポート | Comments(0)

ドイツ出張

22日から28日まで友人の家具マイスター クレメンス・ゲルステンベルガーさんを訪ねてドイツ・ライプチヒに行ってきます。
現在、彼の工房では日本の若き家具職人トモユキさんが研修留学中です。
トモユキさんのブログでは現地での研修や生活の様子がつづられていて、苦労や戸惑いも多いことながら、充実した日々を送っていることがうかがえます。
(ドイツでの木工研修留学についてはこちらご紹介しています。)

トモユキさんのブログによると現地の最高気温はマイナス12度、最低気温はマイナス16度だそうです。
ニュースでは欧米での大寒波、大雪の報道が・・・飛行機がちゃんと着くのか心配です。
それから、今回初めてフランクフルトから鉄道でライプチヒ入りするのですが、鉄道は動くのか??
無事に帰ってこれたらまたレポートします。

それでは行ってまいります!
by kotmk | 2009-12-21 13:17 | 海外レポート | Comments(0)

バスティーユ界隈

【海外レポート】
パリのバスティーユ界隈には家具やインテリア関連のお店や工房が点在しています。

こちらは挽き物屋さんの店先。
e0072513_7432319.jpg

e0072513_746056.jpg

挽き物だけでなく、飾り面やモールディングなども扱っているようでした。
e0072513_7462794.jpg

e0072513_7481717.jpg

こちらは家具工房です。
e0072513_7485460.jpg

ヨーロッパの家具工房を訪れると、かなりの確率で修復作業中の家具に出会います。
e0072513_7492615.jpg

100年、200年前の家具をていねいに修理・レストアして使うという文化、習慣が根付いているようです。
e0072513_7495577.jpg

by kotmk | 2008-06-09 07:52 | 海外レポート | Comments(0)

帰国いたしました。

【海外レポート】
5月上旬から約3週間、フランス・スペイン・ドイツに行ってまいりました。
e0072513_230857.jpg

e0072513_2304865.jpg

お問い合わせのお返事やお見積りをお待たせしてしまっていたお客さま、申し訳ありませんでした。
今後順次対応させていただきますのでどうぞよろしくお願いいたします。

バスティーユ界隈
e0072513_2325382.jpg

フランス革命の端緒となったバスティーユ監獄襲撃の舞台となったバスティーユ界隈は、以前からなんとなくインテリアや家具関連のお店が多くて、東京でいうと新橋のような場所ではないかと思っていました。
e0072513_2372653.jpg

普通の家具・インテリアショップから
e0072513_2381545.jpg

電設資材のようなプロ向けのショップ
さらには家具金物の専門店
e0072513_23112632.jpg

e0072513_23115046.jpg

e0072513_2316725.jpg

壁紙やカーペットを売っているお店などがあります。
e0072513_23173638.jpg

e0072513_23175964.jpg

e0072513_23182988.jpg

by kotmk | 2008-06-01 23:22 | 海外レポート | Comments(0)

コルマールのウンターリンデン美術館

1週間滞在したKingersheimの隣町、コルマールのウンターリンデン美術館に行きました。
ここの美術館の「目玉」はグリューネバルトの「イーゼンハイムの祭壇画」です。
e0072513_23201326.jpg


以前から画集などで何度も見ていて、いつか実物を見たいものだと願っていた絵でした。

しかしこの美術館の収蔵展示品は古代遺跡の遺物から、人形やおもちゃ、楽器、家具、甲冑、ガラス工芸品にいたるまで、何でもありの、悪く言えば散漫なものでした。
それでもそれらの一つ一つがとてもおもしろい。
気が付くとけっこう時間をかけてじっくりと見学していました。

ガラスで繊細、リアルにつくってあるクラゲやイソギンチャク。
e0072513_2353418.jpg

いろいろな職業の仕事場をミニチュアで再現。
e0072513_2329403.jpg

ドールハウスで使う食器類。本物をそのまま小さく作ったような精巧な作り。
e0072513_2330175.jpg

装飾を施された暖房器具とアールデコ風サイドボード。時代もごちゃ混ぜ。。。
e0072513_23301775.jpg

楽器の展示室にはチェンバロのほかに巨大なワイングラスを横に並べたようなグラスハープもありました。
e0072513_23303790.jpg

家具の展示もたくさんありました。
が、とても貴重なもの、という感じではなくわりと生活感が感じられるようなコレクションでした。
e0072513_23305336.jpg

e0072513_23311492.jpg


最後に。
コルマールには「リトルベニス」と呼ばれる運河沿いの街路がありました。
e0072513_23323145.jpg

by kotmk | 2006-08-14 23:32 | 海外レポート | Comments(0)

アルザス地方

やはりアルザス地方のKingersheimキンゲーサイムという町のカルチャーセンターホールTivalにて。

ロビーにあったラウンジチェア。
e0072513_9273649.jpg


同じく食堂の椅子。
e0072513_9281312.jpg


ドイツとの間で何度も領有を争われたアルザス地方は料理もドイツの影響が強い。
写真はシュランゲという挽肉をパイ生地で巻いてスライスしたものをオーブンで焼いた料理。
シュランゲとは蛇のことです。。
e0072513_9324195.jpg

by kotmk | 2006-08-06 09:32 | 海外レポート | Comments(0)