カテゴリ:工房( 100 )

椅子の座面掘り

椅子の座面を座りやすくするために掘り込みます。

ラダーバックチェアの座板です。
e0072513_21354822.jpg


型板3枚を使って外形の輪郭線、掘り込みの境界線、一番深く掘り込むところの目安線を引きます。
e0072513_2140191.jpg

e0072513_2141539.jpg


ラメログルーバーを使って一番深く掘るところまで切り込みを入れます。
ドリルを使うとセンターピンの部分がポイント的に深くなってしまい効率が悪いです。
e0072513_21413835.jpg


KERV 木工用超硬ディスクカッターを使って掘り込みます。
e0072513_21432733.jpg



目安線に従って出来るだけなめらかになるよう掘り込みます。
e0072513_2145963.jpg

ラメログルーバーを使って掘った切り込みの底に赤鉛筆で印を付けてこれ以上掘らないように気をつけます。
e0072513_21471389.jpg


e0072513_21474692.jpg

凹凸が残ると次のサンディングの作業が大変になります。
e0072513_21484830.jpg


各種サンダーを使って仕上げます。
e0072513_2150257.jpg

サンダーでは取りにくい凹凸はスクレーパーを使ってならします。
e0072513_21504923.jpg

by kotmk | 2013-08-05 21:53 | 工房 | Comments(0)

こねこ椅子が映っています

NHKスペシャルの番組予告編に偶然アートファニチャーギャラリーのこねこ椅子が映っています。
最後の方(2'30"くらい)です。

残念ながらこねこ椅子はただ今在庫を切らしております。


by kotmk | 2013-05-24 15:58 | 工房 | Comments(0)

椅子とテーブルの修理

中目黒でアートファニチャーギャラリーを始めたのが1991年。
その少し後、おそらく92~3年に作ったと思われる椅子とテーブルが修理のために戻ってきました。
e0072513_1635533.jpg

20年ほど使っていただいてホゾが緩み揺れが生じていたので一度分解してホゾを入れなおしました。
e0072513_16372939.jpg

座板を細い板に分けてそれぞれをホゾでマク板に留めるという、画期的というか変わったつくりでした。
e0072513_16371749.jpg

表面の仕上げもゴツゴツ、ザクザクしていて今の作り方とは違っていますが、やはり一目瞭然でアートファニチャーギャラリーの作品とわかります。


テーブルの足も今とは形も仕上げも違っていますが、やはりアートファニチャーギャラリーらしいと言えます。
e0072513_16515459.jpg

e0072513_16412668.jpg


e0072513_16424470.jpg

やはり長年にわたる使用で天板のはぎ合わせ目に隙間ができてしまいました。
e0072513_1643215.jpg


隙間の空いた部分に溝を掘って埋めることにしました。
e0072513_16444120.jpg

丸ノコを使って幅2mmの溝を掘ります。
e0072513_16455541.jpg

そこにウォルナットの細い棒を埋め込みます。
e0072513_1646334.jpg

e0072513_16472259.jpg

飛び出している部分を鉋で削って平らにします。
e0072513_16481223.jpg

e0072513_1648276.jpg


家具は自動車やパソコン、家電製品などに比べると寿命の長いものです。
長年愛用してくださっているお客様に感謝する気持ちで修理しています。
by kotmk | 2013-01-14 16:58 | 工房 | Comments(0)

先着1名様のみ 丸ローテーブル+大ネコ椅子お年玉特価セット

【売約済み】ありがとうございました。(2013.1.13)

あけましておめでとうございます。

暮れから掲載しておりました丸ローテーブルと大ネコ椅子のセット「お正月特別価格」販売をさらに値下げして再掲載させていただきます。
e0072513_12382985.jpg

テーブルは直径700mm×高さ450mmで、大ネコ椅子と合わせるとお子さんのお絵描きや工作にちょうど良いサイズです。
e0072513_12411517.jpg

テーブルの詳細はこちらのページをご覧ください。
大ネコ椅子はこちらのページでご紹介している中の「No.1120」です。
e0072513_12441822.jpg


700丸×H450テーブル
本体  50,300円

大ネコ椅子 18,900円

合計  69,200円

のところ、40%引きの41,520円をさらにお値引きして40,000円でお譲りします。
(送料が別途かかります。)

先着1セットのみです。
お問い合わせ、お申し込みはメールでどうぞ。
それでは皆様、今年もどうぞよろしくお願いいたします。

アートファニチャーギャラリー 三木黄太
by kotmk | 2013-01-04 10:58 | 工房 | Comments(0)

作品・カタログ インデックス

今まで「うんてい・ブレキエーション」以外の家具・木工作品を分類せずに掲載していて見づらい状態だったので、こちらにジャンルごとに分けてインデックスを作りました。


「テーブル・机」
e0072513_10565665.jpg


「椅子」
e0072513_1181069.jpg


「AVラック・棚類」
e0072513_11192423.jpg


「チェスト・キャビネット類」
e0072513_1129437.jpg


「こねこ椅子・子供椅子」
e0072513_11422361.jpg


「オブジェ・小物類・その他の家具」
e0072513_11584112.jpg




「ドイツ木工研修留学」
e0072513_12254914.jpg



ご質問、お見積もりなどお気軽にお問い合わせください。afg@mikikota.net
by kotmk | 2012-08-28 12:28 | 工房 | Comments(0)

こねこ椅子修理

2003年頃、下関市の勝山保育園様にお買い上げいただいたこねこ椅子が怪我をして帰ってきました。
e0072513_14273116.jpg

こねこ椅子は幼稚園や保育園で使っていただいているところも多いのですが、子供の自由な発想とパワーにさらされて思いがけない壊れ方をすることもあります。

足が折れたこねこ椅子はロットナンバー143番。
2003年にローテーブル4台とともに送った23脚のうちの一つでした。
e0072513_14354162.jpg


折れた足の代わりに新しく足を作って交換。
e0072513_1436142.jpg


e0072513_14364296.jpg

もう一脚は足が抜けていたので入れなおしました。
e0072513_14373472.jpg


パソコンや家電製品は5年くらい経つと修理してもらえなくなるのが残念です。
by kotmk | 2012-04-14 14:42 | 工房 | Comments(0)

ブログ10万アクセス地味に突破しました。

2005年9月にはじめたこのブログ「MAGINU STYLE by Art Furniture Gallery」のアクセス数が昨日で100,011になって10万件を突破しました。

一日平均にすると42件ですから人気のブログなどに比べると大したことない数ですが、日々工房で作っている物を淡々とご紹介し続けてきた積み重ねの成果と思っています。

ありがとうございました。

これからも淡々とやっていきます。
よろしくお願いいたします。

アートファニチャーギャラリー 三木黄太

e0072513_110982.jpg

(写真は3月にオーストラリア・アデレードで開催されたWOMADelaideに参加した時のものです。Master Drummers of Burundi のメンバーと一緒に。)
by kotmk | 2012-04-06 11:04 | 工房 | Comments(0)

良いお年を

先ほどうんていのオイル塗り2回目を終えて、今年の作業は終了します。

機械の上に御酒を供えて仕事納め。
e0072513_18422562.jpg


新年は3日から作業再開します。
来年もよろしくお願いいたします。

アートファニチャーギャラリー 三木黄太
by kotmk | 2010-12-31 18:45 | 工房 | Comments(0)

あけましておめでとうございます。

あけましておめでとうございます。
今年もどうぞよろしくお願いいたします。

これはお土産に持って帰ったドイツのクリスマスケーキ「シュトーレン」です。
e0072513_856252.jpg

本当は粉砂糖が雪のように降りかけてあるんですが、少しかたまっていました。
e0072513_8561914.jpg

ドライフルーツやナッツが入っていて日持ちするというのでお土産に買って帰りました。
1.5kg、かなり大きいです。
長軸で40cmくらいあります。
e0072513_8563486.jpg

by kotmk | 2010-01-01 09:01 | 工房 | Comments(0)

自然塗料

仕上げ用のオイルを切らせてしまい、アトリエ・ベルに送ってもらいました。
オイルと一緒に「コンフォルト8月号」が送られてきました。
e0072513_1930288.jpg

アトリエ・ベルの鈴木光明社長が監修した「原色塗料原材料図鑑」が掲載されています。
e0072513_1930191.jpg

アートファニチャーギャラリーでも使っているオイルやワックスの原材料が写真付で解説されていてとても興味深い記事になっています。

塗装とは植物が自らを守るために行っている営みをマネしたものであるという切り口も面白いと思います。
植物が傷ついた時、傷口から樹液をだしたり、防虫や防水効果のある物質を分泌することで身を守っているのを人間がマネをしてオイル塗装などの技術が生み出されたというわけです。
e0072513_19303237.jpg

アートファニチャーギャラリーで塗装に使っているオイルは亜麻仁油をベースにしたものです。
植物性の油が空気中の酸素と化学反応をして固まる性質を塗装に利用しているのです。
「樹脂」というとプラスチック製品を思いうかべることも多いと思いますが、もとをただせば読んで字のごとく、植物から採れる油のことなのです。
by kotmk | 2009-09-03 19:59 | 工房 | Comments(0)