カテゴリ:ドイツ木工留学( 13 )

ドイツ研修留学レポート(7)

2012年9月から2013年3月までライプチヒの家具マイスター、クレメンス・ゲルステンベルガーさんのもとで研修を受けてきたDさんからのレポートです。
今回は最終課題の椅子制作レポートです。

Dさんは無事帰国されましたが、これからもレポートよろしくお願いします!

***********************************

研修最後の課題としてイスを作らせていただくことになりました。日本に帰って大型機械がなくても椅子が作れるようにと、なるべく手作業だけでの加工法で教えていただきました。

今回はチェリーの材を使って。
e0072513_10243693.jpg

e0072513_1025566.jpg


まずは座面をこの手斧(ちょうな)という道具でひたすら掘ります。
e0072513_10251370.jpg

私は手斧を使うのが初めてだったのですが、なんとも原始的・・・。
e0072513_10272165.jpg


真冬の工場での作業でしたが汗がふきでました。
e0072513_10263093.jpg


初めはどこに力を入れればいいのかも分からず、空振りしてしまうこともありましたが、さすがに数時間後には少しずつ手斧の仕組みが分かってきて、クレメンスさんがこれを使って座ぐりするのが1番早いと言っていた意味が分かったような気がしました。

大体の形を掘ったら、鉋とドイツのまめ鉋のようなものできれいに整えていきます。
e0072513_10284452.jpg

e0072513_10281614.jpg


そして脚の加工。角材からこのナイフのようなもので削いでいきます。
e0072513_10363019.jpg

この道具がとっても便利で、鋸より簡単に削れて鉋より早い!あっという間にある程度の細さまで削ることができます。
ドイツ語でZIEHMESSERという道具だそうです。(註:日本では銑(せん)と呼ばれている道具です。)
その後は鉋で丸くなるように少しずつ回転させながら削っていきます。
e0072513_10374971.jpg

e0072513_1038121.jpg


そして座面に脚の穴を空ける作業がとても大変な作業でした。
特別な道具にドリルをつけ、手で回しながら掘っていきます。
手の力だけで掘っていくので想像以上の堅さ。
顔を真っ赤にしながら格闘したものの全然進まずでクレメンスさんに助けていただきました。あまりの必死さに写真を撮ることができず・・・残念。

脚の座面に差し込む部分はこの道具でくるくると削っていきました。
e0072513_10385680.jpg


そしてくさびで脚をさして完成です!
e0072513_10402835.jpg


オイル仕上げで、私の好きなほっこりとした椅子が出来上がりました。
e0072513_10405479.jpg

大型機械がなくても本格的な椅子を作ることができるんですね。
e0072513_10411398.jpg


もっともっと色々な技術や知識を身につけて、自分で作れる家具をどんどん広げていきたいと感じました。最後に念願の椅子を作らせてくださったクレメンスさんにとても感謝しています。
e0072513_10414029.jpg


************************************

Dさん、興味深いレポートありがとうございます!
手道具だけでこれだけのことをするのは本当に大変な事だと思いますが、それだけに形をなしてくる時の喜びが伝わってきます。

ここで予告です。
Dさんのお師匠さん、ドイツの家具マイスター、クレメンス・ゲルステンベルガーさんが11月に来日して「ドイツ式木工教室」を開催します。
今のところ11月1日~11月4日を予定しいます。
詳しい情報がきまり次第お知らせします。

過去に開催されたドイツ式木工講座の様子です。
2006年10月
2007年5月
2009年4月
2010年6月
by kotmk | 2013-04-02 11:05 | ドイツ木工留学 | Comments(0)

ドイツ研修留学レポート(6)

2012年9月から2013年3月までライプチヒの家具マイスター、クレメンス・ゲルステンベルガーさんのもとで研修を受けてきたDさんからのレポートです。
Dさんは無事帰国されましたが、これからもレポートよろしくお願いします!

***********************************

今回は先生であるクレメンスさんのご自宅の靴置きを作らせていただくことになりました。
今回の材はオーク。
e0072513_1055074.jpg


クレメンスさんのご自宅用ということで・・・とても緊張。ほぞや、蟻組みなど今まで何回も練習してきた加工法だったので、ここで失敗するわけにはいかない!と意気込んで取り組みました。
e0072513_1055217.jpg

e0072513_10553244.jpg

e0072513_10555479.jpg

e0072513_10562057.jpg

e0072513_10564463.jpg


毎度のことながら組み立てはいつも必死なため写真が撮れず・・・すみません(^^;)
e0072513_1057649.jpg


蟻組みがピッタリはまってくれるか、隙間がないかなど、本当に緊張の瞬間です。
ホゾの部分は楔も入れて頑丈です。
e0072513_10574914.jpg



クランプを外し完成です(^^)。
e0072513_10581341.jpg


たった1種類の木で作ったのに蟻組みの模様や楔などでいろいろなデザインが出来て「やっぱり木っていいな~、あたたかいな~。」としみじみしてしまいました。
e0072513_1059752.jpg


e0072513_10594641.jpg


もちろんのこと大型機械など持っていない私。クレメンスさんはそんな私でも手加工で色々と作れるようにと、色々な方法を教えてくださるので本当にありがたいです。
日本に帰ったら早速自分の自宅用に作ってみようと思います。

************************************
Dさん、いつもレポートありがとうございます。
これからもレポートおねがいします。
帰国後の作品も見せていただけたらと思います!
by kotmk | 2013-03-11 11:01 | ドイツ木工留学 | Comments(0)

ドイツ研修留学レポート(5)

引き続き、2012年9月からライプチヒの家具マイスター、クレメンス・ゲルステンベルガーさんのもとで研修を受けているDさんからのレポートです。

***********************************
今回は研修で初のナラの加工に挑戦させていただきました。
e0072513_10354018.jpg


まず一言・・・・・固い(><)
今までのマツなどとは違って木が広がらないぶん、ちょっと掘りすぎてしまった!!となれば、
もちろんそのまま隙間となってしまいます。
e0072513_1036932.jpg


何回やり直したことでしょうか。今まででの最高記録を更新しながら、
やっとクレメンスさんの口から「じゃあ次は・・・」というお言葉が(^^)
e0072513_10363758.jpg


本番ということで箱を作らせていただきました。
今回は底付き&オイル仕上げまでさせていただきました!!
e0072513_10365756.jpg


毎回練習→本番という流れでその都度作品を作らせていただけるので、達成感がたまりません♪
e0072513_10373397.jpg


ちなみに今はそのナラで靴置きを製作中です(^^)
また完成次第レポートさせていただきます!

それでは!

e0072513_10374944.jpg

p.s ちなみにこのおまけの写真は、工房への道のりです。
   雪が積もっていますが・・・・未だに自転車でねばっています!!

***********************************
冬のライプチヒ、寒そうですね。
自転車で滑らないように気をつけてください!
レポートありがとうございました!
by kotmk | 2013-02-21 10:41 | ドイツ木工留学 | Comments(0)

ドイツ研修留学レポート(4)

2012年9月からライプチヒの家具マイスター、クレメンス・ゲルステンベルガーさんのもとで研修を受けているDさんから最新のレポートが届きました。
半年間の予定の研修だったので、あと10日ほどで修了です。

***********************************

今回は蟻組接ぎを教えていただきました。
以前普通の?蟻組は教えていただいたのですが、今回は角度のついた斜めバージョン(すみません、正式名称が分かりません・・・)

私は毎回メモを取るようにしているのですが、絵が苦手な私・・・・
数週間後にメモを見直すと自分でも理解しがたい内容なので最近は写真に撮るようにしています。
e0072513_1027234.jpg

e0072513_1028395.jpg


初めのうちは作れど作れど隙間が出来てしまい、組んではカットし、組んではカットしで何回も繰り返し作り直していくことで少しずつ上達していっていることが自分でも分かるので、それが何よりも嬉しいです。
e0072513_10293621.jpg

e0072513_10294823.jpg


クレメンスさんの「もう1回っ!!」という言葉が「じゃあ次は・・・・」という言葉に変わる時が合格の意味で、毎回ジャッジの時はドキドキです!
e0072513_10302553.jpg


最終的にはきちんと箱を作らせてもらえるので、形になったときの達成感があるから、
地道な作業も頑張れます(^^)
e0072513_10303673.jpg


また他にもいろいろな箱を作ったので、またレポートしますね!!

***********************************
Dさん、研修元気に頑張っているようですね。
レポートありがとうございました!

「角度のついた斜めバージョン」というのは日本語で言うと「四方ころびのアリ組み」のようですね。
きっちり作るのはかなり難しいと思います。
by kotmk | 2013-02-18 10:39 | ドイツ木工留学 | Comments(0)

ドイツ研修留学レポート(3)

2012年9月からライプチヒの家具マイスター、クレメンス・ゲルステンベルガーさんのもとで研修を受けているDさんから最新のレポートが届きました。
今日のライプチヒはマイナス7度だそうです。。

***********************************

先日クレメンスさんが講師を務めるマイスター学校にて、ウズベキスタンからやってきた生徒さん達12名と共に、約1週間半の特別授業に参加させてもらいました(^^)
e0072513_1122764.jpg


生徒さんと言っても、この方たちはウズベキスタンで木工を教えている方たちです。
e0072513_1132346.jpg


ウズベキスタンにはまだあまり木工の大型機械が備わっていないようで、その機械の使い方、また、これからどのように自分たちの弟子に技術を教えていけばいいかなどを学ぶためウズベキスタンから政府の方々と一緒に来ていました。
e0072513_1133843.jpg


授業の流れはクレメンスさんがドイツ語で話し、通訳の方がウズベキスタン語に翻訳してといった流れで行われました。
e0072513_114810.jpg


今回の課題は木枠作り。大型機械を用いてホゾをほる方法と、のみを使って手でホゾをほる方法の2通りを教わりました。
e0072513_1142834.jpg


機械を使って作る方は早いのですが、当然機械一つ一つに正しい使い方、準備の仕方、手の動きなどがあり、クレメンスさんのお手本を見ている分には簡単そうに見えるのですが、いざ自分でやるとなるとやはり難しく・・・変に手に力が入ってしまいます(><)

のみを使って加工する方は、ひたすら練習あるのみ。みんなであーでもない。こうでもないとお互いにチェックし合いながら作り続けました。
e0072513_1145755.jpg


最終的にはみんな綺麗な木枠が出来上がっていました♪
e0072513_1152614.jpg

ウズベキスタンの人たちはとてもユーモアがあり、言葉は通じないもののジェスチャーで笑わせてくれたり、私が困ってあたふたしていると絵に書きながら教えてくれたり、本当にみなさん親切で、会話は出来なくてもコミュニケーションを取ろうとする気持ちが大切なんだなと改めて感じました(^^)やっぱり一緒に学べる仲間が居るって最高ですね!!

1週間半という短い特別授業でしたが、もう一度基本から学ぶことができ、もっともっと勉強したい!!そんな気分になりました。

明日からも研修頑張ります!!

************************************

Dさん、有意義で楽しいレポート、どうもありがとうございました!
Dさんの前回のレポートはこちら
「ドイツ木工研修留学」についてはこちらをご覧ください。
by kotmk | 2013-01-24 11:13 | ドイツ木工留学 | Comments(0)

ドイツ研修留学レポート(2)

2012年9月からライプチヒの家具マイスター、クレメンス・ゲルステンベルガーさんのもとで研修を受けているDさんからクリスマスマーケットのレポートが届きました。

***********************************
待ちに待ったライプチヒのクリスマスマーケットに行ってきました。
以前からドイツのクリスマスマーケットは凄いという話を色々と聞いていましたが、実際に行ってみて感じたこと……

本当に美しい!!
なんだかおとぎの国に来ているような気分になりました。
e0072513_19231314.jpg

私は平日の夜に行ったのですが、平日とは思えないほどの凄い人でした。

ライプチヒではシティセンター街で開かれているのですが、街のど真ん中に観覧車や、メリーゴーランドが……!!
e0072513_19255373.jpg

やることのスケールが違います(^^)
e0072513_19253775.jpg


この上の方にプロペラのようなものが付いているものはドイツの伝統的なクリスマスツリーらしいです。クリスマスマーケットやデパートで、このタイプのツリーがたくさん売られています。
e0072513_19263139.jpg

私もお土産に買って帰ろうか考え中です♪

その他ドイツのクリスマスと言えば、グルーヴァイン(温かいワイン)です。毎年その年が記されたマグカップで販売され、飲んだ後のカップを購入することも出来るんですよ☆
e0072513_1927019.jpg


ドイツに来たら絶対クリスマスマーケットは味わうべきです!!(^^)

e0072513_19273587.jpg

(上の写真はライプチヒ中央駅の中に設置されたメリーゴーランドだそうです。)

************************************

きれいな写真、楽しいレポート、どうもありがとうございました!
Dさんの前回のレポートはこちら
「ドイツ木工研修留学」についてはこちらをご覧ください。

引き続き 「丸ローテーブル+大ネコ椅子お年玉特価セット」
by kotmk | 2013-01-05 19:39 | ドイツ木工留学 | Comments(0)

ドイツ研修留学レポート(1)

今年の9月からライプチヒの家具マイスター、クレメンス・ゲルステンベルガーさんのもとで研修を受けるためにドイツに渡ったDさんからレポートが届きました。
e0072513_20534279.jpg


◎到着~のこぎり編◎

9月にドイツに来てから早くも1カ月が経ちました。
お恥ずかしながら初海外、そして英語が話せない私。英語圏ではないここドイツに来るまでの道のりだけで大変でした。
地下鉄の切符を買おうにもドイツ語が読めない!聞きたいけど英語が出てこない!
なんとかジェスチャーで親切な方々に助けてもらい無事ライプチヒに着くことが出来ました。
 
翌週から研修が始まり、先生であるクレメンスさんとの初対面の日がやってきました。
何が驚きかというと・・・・想像以上に日本語がお上手なこと。一応ドイツ語で自分の名前が言えるように覚えていったのですが、全く必要ありませんでした。
研修は全て日本語で教えていただけるのでここはドイツか?と錯覚しそうになるほどです(^^;)

研修内容ですが、まずは全て手作業で椅子を作るという課題です。(註:Fussbankという、ドイツで家具マイスターに弟子入りした見習い生が最初に作る作品です。)

第一工程は手のこで木取りをするというもの。
辛そうだけどそんなに時間はかからないだろうと思っていたのですが、ヨーロッパののこぎりは甘くなかったです・・・なんだか今まで使ったことのないような筋肉を大いに使い、最初の数日間は1日に30センチほどしか進みませんでした。
この写真で伝わりますでしょうか・・・・
e0072513_20533615.jpg

このヨーロッパ式のこぎりを上下にギコギコとひいていきます。
日本ののこぎりは引く時に力を入れますが、こちらのものは逆で押す時に力を入れて引いていきます。

このままじゃ終わりが見えないと思っていたところ、手のこの刃の砥ぎ方を教わったのですが、これがすごい!!綺麗に研いだ刃だと切れること切れること。(註:のこ刃の研ぎのことを「目立て」といいます。日本ではここまで教えてくれる教室・講座はなかなか無いと思います。)
e0072513_20535232.jpg

1日30センチだったペースが3倍も4倍も早く切れるようになりました。
やっぱり道具の使い方、メンテナンスまでもしっかり知っておくことが大事なんですね(^^)

クレメンスさんに今までの研修生の方たちは大体どれくらいで椅子を完成させていましたか?と聞いてみたところ、「大体は1カ月くらいかな。でも1番早かった人で2週間で完成させた人も居ましたよ。」とおっしゃっていたのですが・・・・
私はこの木取りの作業だけで2週間が経ちました。うん・・・マイペースに頑張ります。
e0072513_20535913.jpg


今は鉋の作業に入っているのですが、その様子やドイツでの生活の様子はまた後日書きたいと思います。

それでは!

***************************
Dさん、レポートありがとうございました。
ドイツの冬は寒くなりますが、健康に気をつけて頑張ってください!

「教室・講座」のカテゴリー内に以前、クレメンスさんを日本に招いておこなった木工講座のレポートがあります。

****************************


【追加情報】
現地のドイツ語学校について教えてもらいました。

****************************
こちらは朝や、夕方になるとやはり冷え込みます。

語学学校ですが、私はSさん(註:昨年10月から研修に参加している先輩の女性です)が通っていたvolkshochschule私が申し込んだクラスはビギナーコースで私の場合11月20日から2月5日までの約3ヶ月で、1週間に火曜日と木曜日の2回研修終わりの17:30~20:45の授業に申し込みました。全20回の80時間で€134と値段はかなり安いです。

しかし、運よく私はドイツ語が話せるルームメイトが一緒に着いてきてくれてドイツ語で事務の人と話し、私に英語で通訳してくれましたが、ろくに英語も話せない私が一人で行っていたとしたら確実に無理だったと思います。。。
実際にルームメイトもここはドイツだからドイツ語で話してくださいと事務の人に言われていました(^^;)ドイツ語のビギナーコースなのにドイツ語で申し込み・・・一体どうやって他の生徒さん達は申し込みをしているのかは謎のままです・・・
by kotmk | 2012-10-26 21:14 | ドイツ木工留学 | Comments(0)

ドイツ木工研修留学

「ドイツ木工研修留学」のHPがサーバーのサービス停止に伴い閲覧できない状態にありましたが、バックアップファイルから復元いたしました。

一部リンクが途切れていたり、情報が古い部分もありますので今後直していく予定です。
詳しくはメールでお問い合わせ、ご確認ください。

e0072513_13231427.jpg

ライプチヒ在住の家具マイスター クレメンス・ゲルステンベルガーさんの工房でドイツ式家具職人育成のコースを体験するというコースです。
今までどおりアートファニチャーギャラリーでご紹介しています。
e0072513_13274265.jpg

地元ライプチヒのマイスター学校で教師も務めているクレメンスさんが校長と交渉してマイスター学校の授業に一部参加することもできるようになりました。

現在、昨年10月からSさんという女性が1年間の研修を受けています。

「ドイツ木工研修留学」
by kotmk | 2012-06-14 13:33 | ドイツ木工留学 | Comments(0)

ドイツ木工留学のHP

「ドイツ木工留学」のHPが、infoseekのWEBサービス終了にともなって、今月の頭から表示できなくなっていました。

e0072513_11244690.jpg

ライプチヒ在住の家具マイスター クレメンス・ゲルステンベルガーさんの工房でドイツ式家具職人育成のコースを体験するというコースですが、今までどおりアートファニチャーギャラリーでご紹介しています。

早くHPを再建したいのですが、なかなか時間が取れません。

お問い合わせにはそのつど対応させていただいておりますので、ご質問等はメールでお願いします。
afg@mikikota.net
e0072513_11273856.jpg


YouTubeでクレメンスさんの工房の様子を見ることが出来ます。

また、一年間の留学を終えた家具職人前田智之さんのドイツ留学の感想を見ることが出来ます。
by kotmk | 2010-11-19 11:40 | ドイツ木工留学 | Comments(0)

家具マイスター クレメンス・ゲルステンベルガーさん帰国

4月半ばに日本に来て木工講座の講師をつとめてくれたクレメンスさんはおよそひと月の間日本に滞在して、5月半ばに帰国しました。
最後の日に少し東京を案内しました。

e0072513_822846.jpg

赤坂山王神社の狛犬。
e0072513_8222229.jpg


e0072513_8224085.jpg

実はこの狛犬、私の祖父、三木宗策が原型を作ったものです。
e0072513_8225719.jpg

なかなかシャープな顔つきをしています。
e0072513_823767.jpg

神田の藪蕎麦でそばをたぐり、昼間から日本酒を。
e0072513_8232425.jpg

その後、浅草の光雲堂で彫刻刀を見て(途中、三社祭に遭遇)東京駅の成田エキスプレスに乗り込むところまで見送りました。

ところが・・・この日、エールフランスの飛行機が整備の遅れで結局出発せず、翌日の午後のルフトハンザに変更して帰国したそうです。
エールフランス・・・
by kotmk | 2009-06-04 08:23 | ドイツ木工留学 | Comments(0)