修理

先日棚を納めさせていただいた幼稚園から修理のため、こねこ椅子3脚と小さな台を預かってきました。
e0072513_10224756.jpg

背板(こねこの顔)を取り付けているパーツのホゾが折れてしまっていました。
e0072513_10304369.jpg

折れたホゾをホゾ穴から取り除き、新しいパーツに取り替えます。
抜け落ちてしまった足も新しい足を取り付けます。
e0072513_1031620.jpg

「小さな台」は10年以上前に電話の「子機置き」として作ったものでした。
園では遊びの道具として使っていただいていたようです。
e0072513_10314084.jpg

大きな力がかかることは想定していなかったので、天板部分が何度か割れて修理していました。
割れたところを再接着して天板の裏側に補強材を取り付けました。
e0072513_10315219.jpg

柑橘系のオイルでクリーニングした後、塗装用のオイルを2度塗ってからワックスをかけました。
塗装の工程だけでも3日かかります。
e0072513_1032643.jpg

何十年も使っていただく家具を作る時に壊れないように頑丈に作ることも大事ですが、壊れたときに修理しやすく作ることも大切です。
修理を依頼した時に「新しいのを買ったほうが安い」などと言って引き受けたがらない家具屋にはなりたくありません。
by kotmk | 2009-02-22 10:32 | 工房 | Comments(0)
<< 幼稚園の棚 桐箱を追加 幼稚園の棚 >>