受講生募集中!ドイツ式木工講座第二弾

アートファニチャーギャラリーでは昨年10月に開講した「ドイツ式初歩木工講座」に引き続き、ライプチヒ在住の家具マイスター、クレメンス・ゲルステンベルガーさんを講師に迎えて2007年4月7日(土)〜8日(日)に「ドイツ式初歩木工講座第二弾」を開講します。

ライプチヒ市のマイスター学校で教師もしているゲルステンベルガーさんの指導のもと、ドイツ式の木工修行の初歩段階を、現地で行うのと同じやり方で体験する研修講座です。
e0072513_1714580.jpg

e0072513_173417.jpg

前回はドイツの木工職人修行で見習いに採用された若者たちが一番初めに製作する小さな椅子(FUSSBANK)を原則的にドイツの伝統的な手道具を使って作りましたが、今回はその続編として、バウハウスで学び、後にウルム造形大学を創設したマックス・ビルの代表作「Ulmer Hocker」をモチーフに、前回より高度な継ぎ手作りを実習する予定です。
e0072513_1732883.jpg


今回は前回に比べて日数が少ないので、ある程度の下加工をあらかじめ機械を使って準備しておくことになります。
また、初心者の方は前回の課題「FUSSBANK」を製作することも可能です。
もし完成できなかった場合は続きをアートファニチャーギャラリーの三木が指導するか、持ち帰っていただいてご自分で完成させることになります。

ご興味のある方は下記の紹介ページをご参照ください。
お問い合わせは三木(afg@mikikota.net)までどうぞ。
http://f49.aaa.livedoor.jp/~leipzig/report/Seminar.htm

http://kotmk.hp.infoseek.co.jp/course/course.htm
by kotmk | 2007-03-11 17:11 | 教室・講座 | Comments(1)
Commented by kotmk at 2007-03-23 08:18
おかげさまで応募者が定員に達しましたので募集を締め切らせていただきます。
ありがとうございました。
講座の様子はこのサイトでご紹介したいと思います。
<< ギターとオットマン 天板(つづき) >>