天板(つづき)

高樹沙耶さんが建てているエゴコロハウスの家具。
ダイニングテーブルの天板には反り止めのため「アリ桟」をいれます。
e0072513_1640392.jpg

e0072513_16405729.jpg

無垢材のテーブルは温度や湿度の変化で反ったり伸縮したりします。
反りを押さえるために桟を取り付けるのですが、ネジや接着剤で完全に固定してしまうと自由に伸縮できなくなって天板が割れてしまいます。
そのためアリ溝という台形の溝を掘って、そこに同じ形に加工した桟を叩き込みます。
e0072513_16411430.jpg

桟を叩き込んだ溝は同じ木を使って蓋をしておきます。
by kotmk | 2007-03-11 16:56 | 高樹沙耶(益戸育江)さんの家具 | Comments(0)
<< 受講生募集中!ドイツ式木工講座第二弾 AVボード トールチェスト納品 >>