天板

女優の高樹沙耶さんが建てている「エゴコロハウス」のためのテーブル天板材。
45mm厚の樺材をひと皮むいて風にさらします。
e0072513_751485.jpg


材木は乾燥が進むにつれて縮んだり歪んだりします。
少し削って空気にさらしておくことで安定させることをシーズニングと言います。

e0072513_754618.jpg

こちらは13年程前にご購入いただいて以来ずっと愛用していただいていたテーブルの天板を削り直しています。
汚れも傷も風合い・・・という考えかたもありますが、無垢材の家具はいざとなれば削りなおしてまっさらな状態に戻すこともできます。
by kotmk | 2006-12-21 07:57 | 工房 | Comments(0)
<< 手じゃくり 16引出のサイドボード >>