うんてい

【うんてい・遊具】
W1500×D538×H1200の家庭用・室内用うんていです。
e0072513_8505477.jpg

e0072513_851776.jpg

e0072513_8522284.jpg

e0072513_852433.jpg

本体は樺材、丸棒はヨーロピアンビーチ、取り外しが可能な踏み板はSPF材です。
ボルトにより分解組立ができるように作っています。
68,000円(税込み・送料別)

組み立て手順
一方の柱パーツの間に床パーツをはめこみます。
e0072513_8512288.jpg

ボルトの穴位置をあわせます。
e0072513_8514087.jpg

穴の両側からボルトのオスメスを差し込み、手で軽く締めます。
この時道具を使って締め込むと他の場所のボルトが入れにくくなります。
e0072513_853669.jpg

反対側の柱パーツを同様にはめ込んでボルトで軽く締めます。
e0072513_8531942.jpg

上部のハシゴパーツを乗せてやはりボルトを軽く締めます。
e0072513_8534363.jpg

六角レンチを使って締め込みます。
e0072513_8594181.jpg

床パーツに踏み板をセットします。
e0072513_8575864.jpg

完成です。踏み板の高さは床から200mmです。
e0072513_8541096.jpg

つまり床板をはめた状態だとうんていの高さは1000mmほどですが、お子さんの成長にあわせて床板をはずすことで高さ1200mmになり、長い期間遊ぶことができるということです。
このアイデアはうんていの先輩ママの「たてのり」様のアドバイスでお客様からいただきました。
「たてのり」様はご自身のブログにアートファニチャーギャラリーの家具を紹介してくださっています。
by kotmk | 2006-10-06 08:54 | うんてい・ブレキエーション | Comments(0)
<< ドイツ式初歩木工講座 うんてい(その3) >>