うんてい高さ可動式W1800×H1800×D870 新平均台 可動式登り棒

埼玉県のS様からご注文いただいたうんていです。
e0072513_12003149.jpg
転倒防止用の張り出しは片側用です。
高さ1800mmの場合、片側に300mmの張り出しを推奨しています。
全奥行きD寸法は870mmになります。
張り出しの出ていない側を壁などに着けて設置していただきます。
e0072513_12041733.jpg
両側の柱に取り付けた「可動式登り棒」2本に引っ掛けるようにして取り付ける「新平均台」を追加しています。
e0072513_12062366.jpg
新平均台は専用の台座を取付ける事で独立した高さ100mmの平均台として使う事が出来ます。
台座が必要ない場合は省くこともできます。(台座付きに比べますと4,114円安くなります。)
e0072513_12071078.jpg
メインのハシゴにはヨーロピアンビーチ材直径25mmの丸棒を187.5mm間隔で9本取り付けています。
比較のために手に持っているのは直径28mmの丸棒です。
e0072513_12094360.jpg
「可動式登り棒」直径28mmを4本付けています。
オプションの「取り外し可能な床板」は付属しません。
e0072513_12133466.jpg
e0072513_12144169.jpg
e0072513_12145099.jpg
高さ可動タイプ(ベースあり)
W1800×H1800×D870
転倒防止用の張り出しは片側用
メインのハシゴには直径25mmの丸棒を187.5mm間隔で9本取り付け

オプション
新平均台
可動式登り棒(新平均台を取り付けるために2本は必要)×4本
adj1800_H1800-41

本体   117,257円

オプション
新平均台(台座付き)  24,685円
可動式登り棒×4本 17,688円

合計 159,630円

埼玉県までの梱包送料 7,020円(地域、建物の構造によっては追加料金が発生する場合がございます。)
e0072513_12171649.gif
2015年10月31日(土曜日)~12月23日(水曜日・祝日)に福島県郡山市立美術館で私の祖父で彫刻家だった三木宗策(1891~1945)の作品展が開催されています。
e0072513_17080571.jpg
宗策(そうさく)は大正から昭和初期にかけて活躍したと聞いていますが、終戦の年に53歳という年齢で亡くなったため、回顧される機会が無いまま70年が過ぎてしまったように思います。
会期末も迫ってまいりました。
お近くの方、東北方面へ行かれる方はもしお時間がありましたら御覧いただけると幸いです。


by kotmk | 2015-12-10 12:18 | うんてい・ブレキエーション | Comments(0)
<< うんていベースなしタイプ W1... うんていベースなしタイプ W1... >>