「没後70年 三木宗策の世界 木彫の正統」展

福島県郡山市立美術館にて、私の祖父で彫刻家だった三木宗策(1891~1945)の作品展「没後70年 三木宗策の世界 木彫の正統」が開催されています。
初日の10月31日にうかがってきました。
e0072513_11173117.jpg
e0072513_11175805.jpg
e0072513_11183649.jpg

エントランスには威容抱慈(坂上田村麻呂像)1924(大正13)が展示してあります。
e0072513_11215376.jpg
高さ194cm、迫力のある作品です。
e0072513_11221596.jpg


手前:かやのひめの神1927(昭和2) 奥:降誕1926(大正14)
e0072513_11232086.jpg

丹花綻ぶ1936(昭和11)とその奥にゆあみ1936(昭和11年)頃
e0072513_11304555.jpg

大葉子1942(昭和17)
e0072513_11270105.jpg


展覧会にあわせて大変詳細な資料を掲載している図録も制作されました。
e0072513_11352515.jpg
お近くの方、東北方面へ行かれる方でお時間ありましたら御覧いただけると幸いです。


(特別に許可をいただいて閉館後に撮影させていただきました。)


by kotmk | 2015-11-02 11:42 | Comments(0)
<< 古材を使ったこねこ椅子 絡子環 >>