うんていベースなしタイプW1800×H1800×D870ブランコ式ぶら下がり練習棒18mm

愛知県のH様からご注文いただいたうんていです。
e0072513_16170187.jpg
転倒防止用の張り出しは片側用です。
一面を壁につけるように設置する場合に選んでいただきます。
部屋の真ん中に置くような場合は「両側用」を選んでください。
e0072513_16184025.jpg
可動式登り棒を4本追加しています。
「可動式登り棒」と「可動式ぶら下がり練習棒」の違いについてよく御質問をいただきます。
見た感じ、取り付け方はまったく同じですが、丸棒の直径が28mmのものを「可動式登り棒」と呼び、丸棒の直径がより細いものを「可動式ぶら下がり練習棒」と呼んでいます。
用途は「可動式登り棒」がメインのうんていハシゴに登るための足がかり、新平均台や滑り台を取り付けるために使われているのに対して、「可動式ぶら下がり練習棒」はまだ太い丸棒を上手に握れない小さなお子さんがぶら下がる練習をするためのもので、直径12mm~25mmまで様々な太さのものがあります。
e0072513_16185093.jpg
ブランコ式のぶら下がり練習棒直径18mmを追加しています。
比較のために手に持っているのは直径28mmの丸棒です。
e0072513_16250023.jpg

ブランコ式ぶら下がり練習棒はブランコとしてではなく、ぶら下がりの練習用としてお使い下さい。
メインのハシゴの丸棒に「ネジ結び」という結び方で取り付けます。
取り付ける際は必ずハシゴの長さ方向(W)方向に振れるように取り付けてください。
奥行き方向(D)に振れるように取り付けると転倒など事故の原因になりますのでお気を付けください。
e0072513_16293719.jpg

e0072513_16295083.jpg

e0072513_16300001.jpg

うんていベース無しタイプ
W1800×H1800×D870
ハシゴの丸棒 直径28mmの丸棒を187.5mm間隔で9本取付け
転倒防止用の張り出しは片側用
可動式登り棒4本(直径28mm)
nb1800_1800-6.gif

本体 104,297円

オプション
可動式登り棒4本 17,688円
ブランコ式ぶら下がり練習棒 4,422円  → 直径18mmの丸棒
合計 126,407円

愛知県までの梱包送料 9,633円(参考:地域によって、建物の構造によって追加料金が発生する場合があります)
e0072513_16335256.gif



by kotmk | 2014-11-24 16:38 | うんてい・ブレキエーション | Comments(0)
<< うんていベースなしタイプW18... 幼稚園の積み木用棚 >>