椅子の座面掘り

椅子の座面を座りやすくするために掘り込みます。

ラダーバックチェアの座板です。
e0072513_21354822.jpg


型板3枚を使って外形の輪郭線、掘り込みの境界線、一番深く掘り込むところの目安線を引きます。
e0072513_2140191.jpg

e0072513_2141539.jpg


ラメログルーバーを使って一番深く掘るところまで切り込みを入れます。
ドリルを使うとセンターピンの部分がポイント的に深くなってしまい効率が悪いです。
e0072513_21413835.jpg


KERV 木工用超硬ディスクカッターを使って掘り込みます。
e0072513_21432733.jpg



目安線に従って出来るだけなめらかになるよう掘り込みます。
e0072513_2145963.jpg

ラメログルーバーを使って掘った切り込みの底に赤鉛筆で印を付けてこれ以上掘らないように気をつけます。
e0072513_21471389.jpg


e0072513_21474692.jpg

凹凸が残ると次のサンディングの作業が大変になります。
e0072513_21484830.jpg


各種サンダーを使って仕上げます。
e0072513_2150257.jpg

サンダーでは取りにくい凹凸はスクレーパーを使ってならします。
e0072513_21504923.jpg

by kotmk | 2013-08-05 21:53 | 工房 | Comments(0)
<< ラダーバックチェア×5脚 うんていベースなしタイプW18... >>