ドイツ研修留学レポート(6)

2012年9月から2013年3月までライプチヒの家具マイスター、クレメンス・ゲルステンベルガーさんのもとで研修を受けてきたDさんからのレポートです。
Dさんは無事帰国されましたが、これからもレポートよろしくお願いします!

***********************************

今回は先生であるクレメンスさんのご自宅の靴置きを作らせていただくことになりました。
今回の材はオーク。
e0072513_1055074.jpg


クレメンスさんのご自宅用ということで・・・とても緊張。ほぞや、蟻組みなど今まで何回も練習してきた加工法だったので、ここで失敗するわけにはいかない!と意気込んで取り組みました。
e0072513_1055217.jpg

e0072513_10553244.jpg

e0072513_10555479.jpg

e0072513_10562057.jpg

e0072513_10564463.jpg


毎度のことながら組み立てはいつも必死なため写真が撮れず・・・すみません(^^;)
e0072513_1057649.jpg


蟻組みがピッタリはまってくれるか、隙間がないかなど、本当に緊張の瞬間です。
ホゾの部分は楔も入れて頑丈です。
e0072513_10574914.jpg



クランプを外し完成です(^^)。
e0072513_10581341.jpg


たった1種類の木で作ったのに蟻組みの模様や楔などでいろいろなデザインが出来て「やっぱり木っていいな~、あたたかいな~。」としみじみしてしまいました。
e0072513_1059752.jpg


e0072513_10594641.jpg


もちろんのこと大型機械など持っていない私。クレメンスさんはそんな私でも手加工で色々と作れるようにと、色々な方法を教えてくださるので本当にありがたいです。
日本に帰ったら早速自分の自宅用に作ってみようと思います。

************************************
Dさん、いつもレポートありがとうございます。
これからもレポートおねがいします。
帰国後の作品も見せていただけたらと思います!
by kotmk | 2013-03-11 11:01 | ドイツ木工留学 | Comments(0)
<< 変形天板のメンテナンス うんていベースなしタイプW18... >>