第4弾!ドイツ式木工講座 レポート 2日目

【教室・講座】
ドイツ人家具マイスターのクレメンス・ゲルステンベルガーさんを講師に招いたドイツ式木工講座の第4弾を2010年5月29日(土)、30日(日)の二日間開催しました。

これまでの3回はアートファニチャーギャラリーの工房を使って少人数で行っていましたが、今回はより多くの方に参加、体験してもらえるようにせたがやものつくり学校に会場を移して開講しました。

二日目の様子です。

前日に糊付けして圧締しておいた作品をクランプからはずしてみると、一部に糊付け不良があって、ちゃんと接着されていませんでした。
が、マイスターは慌てず騒がず、「失敗した時や修理する時の勉強ができます」と。
e0072513_2284993.jpg

突き板が浮いている部分に斜めにカッターで切り込みを入れて、糊を差し込み、その部分を再びクランプにかけます。
e0072513_22161549.jpg


うまく接着できたものは水に浸したスポンジで仮留めした紙テープをとります。
e0072513_2221482.jpg

濡れているのでしばらく置いておいて乾燥させます。


二つ目の課題は「Barockstern」(バロックシュテルン=バロックの星)です。
伝統的な図案にはそれぞれ名前があります。
e0072513_22233089.jpg

また製図の仕方から教わります。
e0072513_22191938.jpg

原図をベニヤ板に製図します。
e0072513_2225029.jpg

一つ目の課題に比べるとかなり細かい作業になります。
e0072513_22261127.jpg

e0072513_22273193.jpg


一日目の課題が乾いたらスクレーパーとサンディングペーパーで削って表面を平滑にします。
e0072513_22285864.jpg


最後に参加した皆さんの作品を並べてみました。
e0072513_223046.jpg


ひねりでもアレンジでもなく、ただ伝統的な技術をとことんまねてみる、学んでみるということはとても興味深いことです。
ドイツ式木工講座のねらいはそんなところにあると考えています。
by kotmk | 2010-06-16 22:40 | 教室・講座 | Comments(0)
<< うんていベースなしタイプ W2... 第4弾!ドイツ式木工講座 レポート >>