うんてい高さ可動式W2000×H1800×D820平均台

茨城県のS様からご注文いただいたうんていです。
e0072513_1931581.jpg

転倒防止用の張り出しは片側です。
張り出しの上にオプションで高さ100mm×幅100mmの平均台がついています。
e0072513_19312765.jpg

取り外し可能な床板と可動式の登り棒4本がオプションで追加してあります。
e0072513_19314410.jpg

e0072513_1932727.jpg

ハシゴの丸棒の直径は25mmで、150mm間隔に12本ついています。
e0072513_19322650.jpg

太さの比較です。
私が手に持っているのが標準的な太さの直径28mmの丸棒です。
丸棒の強度は断面積に比例しますので、直径が細くなるとその分弱くなってしまいます。
e0072513_19324574.jpg

うんてい高さ可動式W2000×H1800×D820
(adj2000*H1800-12.gif)

本体   122,000円

オプション

ハシゴの丸棒150mm間隔で12本 11,025円
登り棒左右に各2本計4本  17,200円
取り外し可能な床板 8,750円
平均台 24,000円

合計 182,975円

茨城県までの梱包送料 6,835円(参考)


e0072513_1952645.gif

by kotmk | 2010-04-14 19:52 | うんてい・ブレキエーション | Comments(2)
Commented at 2010-04-28 13:32 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by kotmk at 2010-05-03 09:01
さささん、コメントありがとうございます。
納期は約4ヶ月とご案内しております。
ただ、ほとんど私一人で手作業で作っていますので、やや遅れ気味です。
なるべく早くお届けできるよう努力しています。

ベースあり(通常「高さ可動式」と呼んでいます。)は下部に箱型のベースパーツがあります。
ベースパーツには取り外し可能な床板をオプションでつけることもできます。

ベースなしタイプは「高さ可動式」のベースパーツを無くし、その代わりに柱とハシゴを斜めにつなぐ補強材がつきます。
ハシゴの下がすっきりしますが、組み立て時やハシゴの高さを調整する時に不安定な状態になりますので、お子様がいないときに大人二人係で作業しなければなりません。

ハシゴの丸棒の直径や間隔についてはご相談に応じて作ることができます。
標準は直径28mmの丸棒が約200mm間隔で取り付けられているものです。
静止耐荷重110kgのテストはこの標準的なうんていで行っています。
それより細くなる場合は丸棒の断面積に比例して強度が減ると考えられます。
「うんてい・ブレキエーション」というカテゴリー内に今までに作ったほぼすべてのうんていを掲載しております。
<< 子供スツール うんていベースなしタイプW17... >>