ドイツのクリスマス4

25日は少し早めにトーマス教会に向かいました。
e0072513_1764381.jpg

クリスマスのミサが開かれます。
式典中は撮影をしませんでした。
席に着いていると2階からゲヴァントハウスのメンバーたちのチューニングの音が聞こえます。
定時にベルがチーンと鳴るとトーマス合唱隊の少年たちが入場してきました。
式典に沿ってさまざまな曲を演奏していきました。
e0072513_1773965.jpg

最初にメンデルスゾーン(彼もライプチヒで活躍した)のコラール曲。
司祭(プロテスタントの場合そういうのか?)の祈りとオーケストラの演奏、オルガンの伴奏で参列者全員が歌い、そこにトーマス合唱隊の対旋律が重なっていく、そしてまた祈り・・・と続いていきました。
終了後、地元の人たちが知合いをみつけては「フローエ ヴァイナハテン!」と挨拶していました。
e0072513_1775952.jpg

家に帰ってお昼にクリスマスの伝統料理をいただきました。
ガンス(ガチョウ)にリンゴとヨモギで風味をつけたロースト、ジャガイモで作ったお餅のダンゴのようなクネーデル、紫キャベツのザワークラウト。
e0072513_1781730.jpg

食後に消化を良くするという薬酒をもらう。
e0072513_1783465.jpg

アニスの香りでアルコール分44パーセント。
一気に飲むのが流儀だそうです。
by kotmk | 2009-12-27 17:10 | 海外レポート | Comments(0)
<< ドイツのクリスマス5 ドイツのクリスマス3 >>