新型のうんてい(つづき)

前回ご紹介したベースのないタイプのうんていに取り付けるオプションのご説明です。
e0072513_991062.jpg

丸棒が2本ついている保持具です。
ボルトを4本使って柱パーツに固定します。
e0072513_9101678.jpg

上の方の丸棒に滑り台をひっかけます。
e0072513_9111598.jpg

下のほうの丸棒には登り梯子を引っかけます。
e0072513_915135.jpg

e0072513_9152080.jpg

手すりはボルト2本で取り付けます。
e0072513_9162171.jpg

うんていのハシゴを低い位置に取り付けた場合の各オプションの収まり具合です。
e0072513_925884.jpg

e0072513_9252895.jpg

e0072513_9254730.jpg


高さ可動タイプ W1700×H1750×D820
ベースパーツ無し
転倒防止の張り出し片側

本体            93,200円

オプション

滑り台W1500      30,000円
特別色仕上げ       20,000円
登り梯子          10,000円
手すり            4,500円

合計           155,700円
by kotmk | 2009-07-02 09:18 | うんてい・ブレキエーション | Comments(2)
Commented at 2011-11-10 12:34 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by kotmk at 2011-11-16 11:59
コメントいただき、ありがとうございました。
うんていの材料は、主要な部材に北海道産の樺材を使用しています。
丸棒につきましてはヨーロピアンビーチを使用しています。
両者とも広葉樹で堅木と呼ばれる丈夫な木材です。

オプションの「取り外し可能な床板」にはSPF材を使っています。
SPF材は軽くて柔らかい感触の針葉樹の板です。
<< うんてい高さ可動W1500×H... うんていNタイプ(旧ベース無し... >>