うんていNタイプ(旧ベース無しタイプ)の組み立て方

今回はじめてベースパーツのないタイプのうんていを作りました。
組み立て方のご案内をいたします。

まず柱パーツの底面にボルトを通して転倒防止用の張り出しをひっかけて取り付けます。
梱包してお届けの場合、転倒防止用の張り出しは2個をひと組にしてあります。
2個をまとめているボルトナットを添付の六角レンチで外してください。

e0072513_7465439.jpg

e0072513_7471445.jpg

付属の六角レンチ2本を使ってボルトとナットを締めつけます。
e0072513_7472718.jpg

通常のベースパーツ付きのうんていに比べて組み立てるときにとても不安定になります。
柱パーツとハシゴパーツを最初はボルト2本を使って仮止めします。
この時ハシゴパーツの上下2か所あるボルト穴のうち下の方にボルトを通します。

この状態の時、ハシゴパーツと柱パーツが交差するところに手を挟まれないようにご注意ください。
e0072513_1235502.jpg

六角レンチで締めつけますが、この時点では外れない程度に軽く締めます。
e0072513_7475775.jpg

柱パーツが倒れないように注意しながらハシゴパーツの反対側を持ち上げてもう一方の柱パーツのボルト穴と位置を合わせ、ボルトを差し込んで仮止めします。
e0072513_7481023.jpg

柱パーツとハシゴパーツが直角になるように角度を調整して、ボルトの穴位置が合うところですべてのボルト穴にボルトを通してナットで仮固定します。
e0072513_7482636.jpg

ベースなしタイプではハシゴパーツと柱パーツを斜めにつなぐ補強材を取り付けます。
ボルトには長いものと短いものがあり、ハシゴパーツと補強材をつなぐところには長いボルトを使います。

梱包してお届けの場合、4個の補強材は2個ずつ束ねています。
e0072513_10592541.jpg
束ねるのに使っているボルトがこちらの長いボルトになります。
e0072513_7483914.jpg

補強材の突起が付いた方をハシゴパーツのボルト穴に合わせて長いほうのボルトで仮止めします。
e0072513_7485241.jpg

e0072513_749371.jpg

写真がブレていてすみません。
補強材のもう一方をハシゴ下部から2個目のボルト穴に合わせて普通のボルトで固定します。
すべて組みつけた時点で六角レンチ2本を使ってすべてのボルトをよく締めこみます。
e0072513_7493279.jpg

これで本体部分が完成です。
こちらのうんていには他にオプションが付きます。
それについては次回ご紹介します。

by kotmk | 2009-06-30 07:51 | うんてい・ブレキエーション | Comments(2)
Commented by 徳島のK at 2009-07-02 00:37 x
ようやく全貌を拝見することができました! 色々とご無理を聞いていただきましてありがとうございました。 組み立てが今までよりも難しそうですね…。 実物と対面する日を心待ちにしています。
Commented by kotmk at 2009-07-02 08:39
K様
コメントいただき、ありがとうございました。
どうもデジカメの設定が悪かったらしくて良い写真が撮れませんでした。
お届けにあがったときに撮影できたらと思っています。
よろしくお願いいたします。
三木黄太
<< 新型のうんてい(つづき) 楽器屋さんの家具 >>